芸能

カラテカ矢部、初漫画大ヒットの裏にあった「禁断のクセで生番組クビ」過去!

 遺伝なだけに気の毒なところもあるが、不快感を感じるのも仕方ないところ。

 みずからの日常をもとに題材を選んだ初漫画「大家さんと僕」(新潮社)が累計発行部数20万部を超える大ヒットとなっているお笑いコンビ・カラテカの矢部太郎。一躍、時の人となった矢部が、1月27日に放送されたインターネット番組「エゴサーチTV」(Abema TV)に出演。過去に生放送番組で天気予報を担当していたが、あることが原因で番組を降板していたことを明かした。矢部は「緊張してしまうので、テレビにはあまり出たくない」と話すなど、緊張症で控えめな一面を持っている。そんな矢部は07年に気象予報士の資格を取得しているため、番組MCのキングコングの西野亮廣から「気象予報士の仕事ってどうなってるんですか?」と仕事事情を問われていた。しかし、矢部は「あ、そこらへんがトラウマだったりするんですよ」と語り、自分のあるクセに主婦から苦情が殺到したことで、かつて放送されていた朝の情報番組「はなまるマーケット」(TBS系)のお天気コーナーのレギュラーをクビになっていたことを告白していた。

「そのクセというのが緊張すると下腹部の中心を触ってしまうというもの。矢部は『生放送中にめちゃくちゃ触ってしまって…』と、かなり頻繁にいじってしまった。バラエティでは面白おかしく、文字通り“イジられる”ことが多いですが、それを天気予報でやられてしまうと、明日の天気よりも矢部の下腹部に注目が行ってしまうのも無理はないですよ。また、番組側の対策としてフリップと差し棒を矢部に持たせることで両手をふさいだ状態にして、触りたくても触れないようにしたわけですが、矢部はさらにその上をいき、差し棒で、そこをイジッてしまい、番組側もクビを決断したようです」(エンタメ誌ライター)

 しかも、この番組中もそこをイジっていたこともあって、ネット上では「もはやテレビ向いてないだろ」「確かに朝の番組でこれ見させられるのは苦痛だろうな」「漫画で頑張るしかないのでは?」など、呆れた声が上がっていた。何でも、矢部の父も同じ部位を触るクセがあるというだけに、克服するのはなかなか難しい?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
水川あさみと年下イケメン俳優の「同棲交際」、3年以上前から始まっていた!?
4
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃