芸能

カラテカ矢部、初漫画大ヒットの裏にあった「禁断のクセで生番組クビ」過去!

 遺伝なだけに気の毒なところもあるが、不快感を感じるのも仕方ないところ。

 みずからの日常をもとに題材を選んだ初漫画「大家さんと僕」(新潮社)が累計発行部数20万部を超える大ヒットとなっているお笑いコンビ・カラテカの矢部太郎。一躍、時の人となった矢部が、1月27日に放送されたインターネット番組「エゴサーチTV」(Abema TV)に出演。過去に生放送番組で天気予報を担当していたが、あることが原因で番組を降板していたことを明かした。矢部は「緊張してしまうので、テレビにはあまり出たくない」と話すなど、緊張症で控えめな一面を持っている。そんな矢部は07年に気象予報士の資格を取得しているため、番組MCのキングコングの西野亮廣から「気象予報士の仕事ってどうなってるんですか?」と仕事事情を問われていた。しかし、矢部は「あ、そこらへんがトラウマだったりするんですよ」と語り、自分のあるクセに主婦から苦情が殺到したことで、かつて放送されていた朝の情報番組「はなまるマーケット」(TBS系)のお天気コーナーのレギュラーをクビになっていたことを告白していた。

「そのクセというのが緊張すると下腹部の中心を触ってしまうというもの。矢部は『生放送中にめちゃくちゃ触ってしまって…』と、かなり頻繁にいじってしまった。バラエティでは面白おかしく、文字通り“イジられる”ことが多いですが、それを天気予報でやられてしまうと、明日の天気よりも矢部の下腹部に注目が行ってしまうのも無理はないですよ。また、番組側の対策としてフリップと差し棒を矢部に持たせることで両手をふさいだ状態にして、触りたくても触れないようにしたわけですが、矢部はさらにその上をいき、差し棒で、そこをイジッてしまい、番組側もクビを決断したようです」(エンタメ誌ライター)

 しかも、この番組中もそこをイジっていたこともあって、ネット上では「もはやテレビ向いてないだろ」「確かに朝の番組でこれ見させられるのは苦痛だろうな」「漫画で頑張るしかないのでは?」など、呆れた声が上がっていた。何でも、矢部の父も同じ部位を触るクセがあるというだけに、克服するのはなかなか難しい?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!
5
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?