女子アナ

急逝・有賀さつき「政界からの熱烈オファー」をたびたび断っていた!?

 2月5日に報じられた元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさん「急逝」の波紋が広がっている。

 ここ数年、闘病生活を送っていたにもかかわらず、気丈に振る舞い、周囲に病気を隠し通したまま1月30日に52歳の若さでこの世を去った彼女は1988年、フジテレビに同期入社した八木亜希子、河野景子とともに“花の三人娘”と呼ばれ、女子アナブームを牽引した。

「闘病生活を送っているとはまったく聞いたことがありませんでした」と語るのは有賀さんと同年代のテレビ関係者だ。

 彼女について「番組内で“旧中山道”を読めなかったというエピソードがしきりに語られていましたが、実は『番組を盛り上げるためにわざと読み間違えた』ということも先輩アナだった山中秀樹が急逝の第一報後に明かしてますが、実際の彼女は、ものすごく博識な人物でしたよ」と振り返る。

 さらに「女子アナ時代は“天然ボケのアイドルアナ”というキャラをとことんマジメに演じていたのでしょうね」と推し量るこの関係者は「それが証拠に、ここ数年、有賀さんには、彼女に対する天然ボケイメージからすると、ちょっと意外な業界から、たびたびオファーがあったと言われているんです」とも語る。

 生前の彼女にオファーを送っていた業界とは──。

「政界ですよ。育児に奮闘するシングルマザーとしてイメージも良く、出馬の誘いがたびたびあったようです。最後まで首を縦に振ることはありませんでしたが、仮に政界を志ざせば、キャスター出身の小池百合子都知事や丸川珠代議員のように彼女も活躍していたでしょうね」(前出・テレビ関係者)

 河田町時代のフジテレビを代表する存在だった有賀さつき。彼女が放った輝きはこれからも色あせることがないだろう。

(白川健一)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
3
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
4
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
5
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!