芸能

TVレギュラー10本超え!サンドウィッチマン「引っ張りダコ」もう一つの理由!

 起用したい芸人として、テレビ関係者が必ず名前を挙げる。それがサンドウィッチマンだ。伊達みきお、富澤たけしは、ともに洗練されたような都会っぽさはないが、抜群の安定感が持ち味だ。「M-1グランプリ 2007」で優勝、「キングオブコント 2009」で準優勝と、漫才もコントもイケる“二刀流”の芸も、信頼と実績を勝ち得た最たる理由である。

「首都圏制作の人気番組だけではなく、全国各地の番組、営業から引っ張りだこなんですが、これには、ネタの実力が下地にはなっているんですが、もう一つ理由があるんです。ズバリ、数多くの『大使』を務めているからです。地元の宮城県で、みやぎ絆大使、東北楽天ゴールデンイーグルス応援大使、『ベガルタ仙台』仙台市民後援会名誉会員、喜久福(抹茶クリーム大福)親善大使、宮城ラグビー親善大使、松島町観光親善大使、みやぎ夢大使、伊達美味PR大使など。11年の東日本大震災の際、率先して立ちあがり、今なお震災を風化させない活動を続けていることは大きいでしょう」(スポーツ紙芸能担当記者)

 レギュラー番組は15本近くにのぼる。ホームである宮城県と首都圏の番組はもちろん、北海道・札幌テレビ放送制作の「熱烈!ホットサンド!」など、ローカルもしっかり押さえている。それも営業のオファーが絶えない理由だ。

「去年9月の『週刊文春』で発表されたアンケート企画『好きな芸人/嫌いな芸人ベスト50』での「好きな芸人」で、サンドは1位の明石家さんま、2位のタモリ、3位のダウンタウンに次いで4位につけています。同率4位が、ビートたけし。すごいメンツに入りこんでいますね(笑)。さらに、ダウンタウンの松本さんからは、『ネタを見たい芸人』に挙げてもらい、人柄・ネタともに非の打ちどころがない状態。引く手あまたのバブル期は、当分続くでしょう」(前出・芸能記者)

 2人そろって、ぽっちゃりブサメンではあるが、ハイクオリティなネタ1本でのし上がってきた腕は、ホンモノなのだ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
3
消えたゴリ押し美女タレントは今(5)鈴木ちなみは有名二世を敵に回した?
4
「ブラックペアン」降板危惧も!? 加藤綾子に囁かれ始めた「健康不安説」の根拠
5
フジ鈴木唯、「美脚の間のスジ見せ一発」アクシデントで“カトパン超え”!