芸能

“病室突撃”も!有賀さつきを巡るフジ「貪欲すぎる取材」に局内大ブーイング

 2月5日に訃報が伝えられた元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさんを巡って、古巣のフジテレビが揉めているという。自局の元アナに関わるニュースとあって何が何でも他局を出し抜こうとする取材姿勢に、局内からもブーイングがあがっているというのだ。

「もっとも問題視されているのは、フジテレビの取材陣が有賀さんの入院していた病室に突撃しようとしていたこと。今や主なき病室を取材するのは品のない野次馬根性でしかなく、元同僚に対する愛情のカケラも感じられません。一部の心ある元局員からは、そういった報道姿勢を糾弾する声もあがっています」(テレビ業界関係者)

 有賀さんが入社した1988年はバブル景気の真っ最中で、採用数も30人程度の現在よりもはるかに多かった。それらのバブル入社組は近年の業績低下に伴って系列会社に移ったり、独立を果たすなど、今では第三者の視点でフジテレビを見ている者も少なくない。あるフジテレビOBがしみじみ語る。

「有賀さんの件では仲間からいろんな声が伝わってきますが、フジテレビの報道姿勢については『同僚の死をさらし者にするな!』と言いたいですね。フジとしては同期だったフリーアナウンサーの八木亜希子さんにもっと詳しく話を聞くとか、現在の日馬富士暴行問題とは別として、やはり同期アナだった花田(旧姓・河野)景子さんに有賀さんとの思い出についてインタビューするとか、そして前夫で元フジテレビ解説委員の和田圭氏から談話をとるのも可能なはず。すでに和田氏を囲い込んでいるそうですし、有賀さんの周辺を取材すれば、もっと独自の厚みのある報道ができるはずです。それこそ過去の映像資産は使い放題ですから、A級ライセンスを持っていた有賀さんがF1番組に関わっていた当時の貴重な映像もすぐに発掘できますよ。そういった地味ながら丹念な作業を後回しにし、病室に突撃とは…。わが古巣ながら、なぜ業績が落ちているのかを示しているようで、残念でなりません」

 在りし日の有賀さんを知る同僚たちにすれば、彼女の死を悼むことのできるような番組作りが期待されているのは間違いないところだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
2
奇跡の縦スジが!?新垣結衣「開脚アクシデント」にファン大興奮
3
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
4
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
5
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”