スポーツ

貴乃花一門「まさかの分裂」怒号内幕(2)錣山親方が見切りをつけた

 それにしてもなぜ錣山親方は反旗を翻したのか。

「事件後、警察の捜査を最優先とし、協会に対しては完黙を貫く。この巡業部長とは思えない貴乃花の不可解な言動の背後には、北の湖理事長時代に協会顧問を務めたK氏のアドバイスがあったと言われている。K氏はパチンコ業界から現金を受け取る姿がネットに流出するなど裏金疑惑が浮上したほか、昨年末に協会から1億6500万円の損害賠償請求訴訟を起こされたいわくつきの人物。この人物を頼みとする貴乃花親方に、さすがの改革派の錣山親方も見切りをつけたのです」(相撲担当記者)

 この分裂で、一枚岩だった一門は修復不能に陥ったのか。

「必ずしも一門の名称=責任者ということはなく、そういう一門は複数ある。貴乃花一門の場合も、実は書類上の責任者は阿武松親方です。貴乃花親方の一門内での求心力が低下していることもあり、錣山親方としては、責任者が代わっていればそれでいいと考えています」(相撲部屋関係者)

 加えて、暴行事件では被害者側の親方であるにもかかわらず、相撲協会からの風当たりも強くなる一方だった。貴乃花親方は今年1月4日に、巡業部長として協会に報告義務を怠ったなどとして理事解任の処分を受けたばかり。それだけに、わずか1カ月余りの解任期間で、理事に返り咲いたとしても、池坊保子氏が議長を務める評議員会が、理事就任を認めない可能性も指摘されてきたのだ。

 仮に理事に再選されたとしても評議員会から否認されれば貴乃花一門の理事はゼロになってしまう。そうなると相撲協会の最高機関である理事会に参加できなくなり、角界での影響力はなきに等しくなってしまう。ここは、何としても一門から理事を輩出しなければいけないという“事情”が貴乃花一門の分裂を招いたのだ。前出の相撲部屋関係者が内実を訴える。

「貴乃花親方がそれでもダブル出馬に踏み切ったのは、一度、振り上げたこぶしを下ろしてしまったら弟子の貴ノ岩を土俵に復帰させるという大義が果たせなくなるばかりか、対立する八角理事長の軍門に下ることになってしまう。そうなると貴乃花親方の宿願である角界改革も大きく後退することになる。そもそも理事職は一門内の親方で持ち回りのため、貴乃花親方に対して『一回休んでは』という声も出た。そこで貴乃花は一計を案じ『皆さんは阿武松親方に投じてください』と話して、理事選の結果よりもまず、単身出馬に打って出たわけです」

 理事選立候補前日の1月31日、愛弟子・貴公俊(20)の十両昇進会見に同席し、喜色満面の笑みを浮かべた貴乃花親方だが、その笑顔の陰で胸中には期するものがあったようなのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
2
消えたゴリ押し美女タレントは今(5)鈴木ちなみは有名二世を敵に回した?
3
「ブラックペアン」降板危惧も!? 加藤綾子に囁かれ始めた「健康不安説」の根拠
4
フジ鈴木唯、「美脚の間のスジ見せ一発」アクシデントで“カトパン超え”!
5
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ