スポーツ

荒川静香?浅田真央?日本が「フィギュア強豪国」になったきっかけとは

 ついに平昌五輪開幕。メダル獲得の可能性から、やはり注目を集めるのがフィギュアスケートの日本勢だ。海外メディアの予想でも、日本はフィギュアスケートでメダル候補として名前があがっており、いまや世界が認めるフィギュアスケートの強豪国だと言えるだろう。

 ひと昔前は北米の独擅場だったフィギュアスケート。日本はいつからその強豪国になったのだろうか。

「伊藤みどりがトリプルアクセルで活躍した頃という声もありますが、やはり06年トリノ五輪で荒川静香が金メダルを取ったことが大きいですね。スケート人口が増えましたし、あんなふうになりたいと憧れる子どもも増えたんです」(スポーツライター)

 メダリストが誕生することで同じような活躍を目指す人が増え、スポーツ人口が増えることで優秀な選手が現れる。まさに好循環だ。

「そしてもちろん、浅田真央の活躍も大きかったでしょう。やはり、浅田に憧れてフィギュアを始める子どもが増えましたからね。もともと、日本人の体形は骨格が細く小柄で、フィギュアに向いていると言われています。また日本人は、上下関係を大切にしますから、コーチと良好な師弟関係が結べることもあるでしょう。そのような環境で競技人口が増えれば、自然と強くなってゆくのではないでしょうか」(スポーツライター)

 フィギュアの強豪国として、この先まだまだファンを楽しませてくれることだろう。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
2
奇跡の縦スジが!?新垣結衣「開脚アクシデント」にファン大興奮
3
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
4
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
5
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”