芸能

ココリコ田中“タイキック”ならぬ「女子高生にラリアット逮捕」の風評被害

「絶対笑ってはいけないSP」の腹いせで女子高生にラリアット?

 お笑いコンビ・ココリコの田中直樹がとんでもない“冤罪”の憂き目に遭った。2月6日に、愛知県で面識のない女子高生に対し、突然プロレス技の「ラリアット」で殴りかかり、大けがをさせたとして、傷害の疑いで逮捕された男がいた。その男の名前こそ、田中直樹容疑者だったのだ。

「この手の芸能人の同姓同名の逮捕報道は、ネットで面白がられて、たちまち拡散します。見出しには“田中直樹逮捕”という言葉だけがピックアップされるので、記事内容まで読まない人が、ツイッターなどで“速報”としてさらに拡散してしまうケースもある」(ネットライター)

 過去には漁業振興の補助金をだまし取った疑いで逮捕された会社社長らの中に、“山田孝之”という名前の容疑者がいたことがあったり、老人に息子を装い、金をだまし取ろうとして逮捕されたとび職の男の名前が“山里亮太”だったこともあった。

「山里の時は、ツイッターに『逮捕されたの?』という書き込みが多く寄せられたことを受けて、『ボクは何もやってない!』と切実なつぶやきをするということがありました。今回も、田中が離婚してそれほど時間がたっておらず、年末の『笑ってはいけない~』でキックボクサーにタイキックをされることが恒例になっているため、“女性にラリアットをして逮捕”というワードが妙にシンクロしてしまったのかも知れませんね」(前出・ネットライター)

 また、山田孝之の時はツイッター上で信じてしまっているユーザーも多かったが、本人が「年齢詐称がバレてしまった…」と騒動に乗っかる書き込みをしたことで「さすが」と称賛を浴びる現象も起きている。

「田中は公式ツイッターをやっていないので、こうしたリアクションをすることはできませんが、すぐに同姓同名の容疑者が起こした事件であることはわかり、沈静化も早い事案なので、スルーして終わりでしょう」(エンタメ誌ライター)

 被害にあった女子高生は倒れた際に、すねの骨を折る大けがを負ったという。1日でも早い回復をお祈りしたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
2
奇跡の縦スジが!?新垣結衣「開脚アクシデント」にファン大興奮
3
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
4
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
5
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”