芸能

クロちゃん、食生活の「うそツイート」を番組共演医師が現地取材で見破った!

 やっぱりまったく反省していなかったようだ。

 1月28日放送の「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)に出演し、血糖値の状態が“即入院レベル”であることが発覚した安田大サーカスのクロちゃん。血液検査の結果、彼は2型糖尿病など6つの病気にかかっており、突然死のリスクもあると宣告された。その原因は乱れた食生活とのことで、以前から番組共演医師はクロちゃんに食生活を改善するよう忠告していたが、同回では医師の注意を無視、いまだに乱れた食生活が改善されていないことにショックを受けた丸田佳奈医師が涙を見せていたほどだった。そんな女医の姿に、ようやくクロちゃんも食事制限を決意した…かと思いきや、さっそくいつもの調子で“うそツイート”で「食事制限をしているアピール」をしていたことが判明した。

 クロちゃんは2月5日、行きつけのラムしゃぶ店を訪れたことをツイッターで報告。「久しぶりのラムしゃぶ。ラム肉と野菜だけたっぷり食べるしん!」と、白米を食べず、糖質が非常に少ないラム肉と、サラダだけをたくさん食べたかのようにツイートした。ところが、「名医の──」でクロちゃんと共演している医師団の一人・森田豊氏がクロちゃんのツイートを見て疑念を抱き、実際にクロちゃんが訪れたラムしゃぶ店をその日のうちに訪問。

「森田氏は、ラムしゃぶ店員などから証言を得たことを報告したうえで『シャリ(ご飯)も小さい握りサイズで三つ食べていたようです。「ラム肉と野菜だけ」というクロちゃんのツイートは、「嘘!」と診断します』と、クロちゃんが“ウソをついている”ことを見破るツイートをしたんです。クロちゃんも番組単位ではなく、1人の医師が個人的にここまで調べ上げてきたことにはビックリしていることでしょう。実際、何を食べるのもクロちゃんの勝手といえば勝手ですし、番組共演医師がそこまでやる必要性があるのかと思ってしまうところもありますが、それだけ、クロちゃんの体の状態がデンジャーゾーンに入っているということでしょう」(エンタメ誌ライター)

 何はともあれ、依然生活を改める気はなかったのには正直呆れるところ。いったいクロちゃんはどの段階に入れば“やる気スイッチ”が入るのか…。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
5
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣