芸能

クロちゃん、食生活の「うそツイート」を番組共演医師が現地取材で見破った!

 やっぱりまったく反省していなかったようだ。

 1月28日放送の「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)に出演し、血糖値の状態が“即入院レベル”であることが発覚した安田大サーカスのクロちゃん。血液検査の結果、彼は2型糖尿病など6つの病気にかかっており、突然死のリスクもあると宣告された。その原因は乱れた食生活とのことで、以前から番組共演医師はクロちゃんに食生活を改善するよう忠告していたが、同回では医師の注意を無視、いまだに乱れた食生活が改善されていないことにショックを受けた丸田佳奈医師が涙を見せていたほどだった。そんな女医の姿に、ようやくクロちゃんも食事制限を決意した…かと思いきや、さっそくいつもの調子で“うそツイート”で「食事制限をしているアピール」をしていたことが判明した。

 クロちゃんは2月5日、行きつけのラムしゃぶ店を訪れたことをツイッターで報告。「久しぶりのラムしゃぶ。ラム肉と野菜だけたっぷり食べるしん!」と、白米を食べず、糖質が非常に少ないラム肉と、サラダだけをたくさん食べたかのようにツイートした。ところが、「名医の──」でクロちゃんと共演している医師団の一人・森田豊氏がクロちゃんのツイートを見て疑念を抱き、実際にクロちゃんが訪れたラムしゃぶ店をその日のうちに訪問。

「森田氏は、ラムしゃぶ店員などから証言を得たことを報告したうえで『シャリ(ご飯)も小さい握りサイズで三つ食べていたようです。「ラム肉と野菜だけ」というクロちゃんのツイートは、「嘘!」と診断します』と、クロちゃんが“ウソをついている”ことを見破るツイートをしたんです。クロちゃんも番組単位ではなく、1人の医師が個人的にここまで調べ上げてきたことにはビックリしていることでしょう。実際、何を食べるのもクロちゃんの勝手といえば勝手ですし、番組共演医師がそこまでやる必要性があるのかと思ってしまうところもありますが、それだけ、クロちゃんの体の状態がデンジャーゾーンに入っているということでしょう」(エンタメ誌ライター)

 何はともあれ、依然生活を改める気はなかったのには正直呆れるところ。いったいクロちゃんはどの段階に入れば“やる気スイッチ”が入るのか…。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”