スポーツ

平昌五輪・日本代表美女を「ボディチェック」(1)大人の女性となった高木美帆に注目!

 雪上で、氷上で、極寒の平昌でメダルをかけた決戦の火蓋が切って落とされた。開幕前から冬季史上最多メダル獲得と呼び声も高く、日本選手団に早くも列島の視線はクギづけだ。ならば、ユニホームの下でハジける美女アスリートの、雪をも溶かす“金”ボディを総チェックといこう!

 スポーツ紙五輪キャップが、日本選手団の快挙を予想解説する。

「スタートダッシュに成功すれば大量メダルを配給してくれそうなのが、“お家芸”スピードスケートです。小平奈緒(31)、高木美帆(23)の2人だけで最大8個のメダルが望めます」

 主将を務めるベテラン・小平以上に注目が集まっているのが、今回が2度目の五輪出場となる高木だ。

「10年のバンクーバーでは日本スピードスケート最年少の15歳で出場を果たし、橋本聖子を超える天才型スケーターと言われている。前回のソチは惜しくも出場を逃しましたが、今回は無類の強さを誇る1500メートルを筆頭に金3つを含む、メダル5個の大量生産の可能性も高いんです」(前出・スポーツ紙五輪キャップ)

 愛くるしい八重歯スマイルは当時と変わらぬままの高木。やはり期待を寄せるのは現地入りするライターのシン上田氏だ。

「8年前のバンクーバーでは全身金色、股間部分が黒という、見ようによってはハイレグの前張りが透けたようなユニホームが話題となりました。その恥ずかしいユニホームのせいか、成績も振るいませんでした。でも今回は太腿筋を増量させており、複数メダル獲得でリベンジを果たしてくれると期待しています」

 この2人の存在に隠れてしまってはいるが、“ボイン候補”とスポーツ紙五輪担当記者が高評価するのは郷亜里砂(30)である。

「北海道出身ながら現在の所属チームが松山・伊予鉄グループという変わりダネ選手。層の厚い日本スケートで、30歳にしてようやく初出場を勝ち取った苦労人です。下半身を鍛えるスケート選手といえば、どうしてもお尻がでかくなるのが特徴なのですが、郷は小股がキュッと切れ上がった小尻タイプ。17年のW杯では4度メダルを獲得するなど、現在、乗りに乗っています。持ち前の明るい性格と元モー娘の高橋愛似の愛らしいルックスで結果しだいでは人気爆発しそうです」

 短距離500メートルで、小平とともに表彰台を制すか!

 お家芸のスケートはまだまだ人材豊富だ。

「金メダルが確実視されているのが、3人1組が競輪のように順番を並び替えるチームパシュート。これに高木は、姉・菜那(25)と一緒に登場します。菜那は妹よりも身長が10センチほど小柄ですが、小動物のように機敏な小顔美女です」(前出・スポーツ紙五輪担当記者)

 美人姉妹とトリオを結成する候補は2人いる。

「1人目が今回3人とも五輪出場を果たす菊池3姉妹の次女・彩花(30)。身長170センチのグラマータイプです。その対抗となる佐藤綾乃(21)は、現役女子大生の愛嬌あふれる笑顔ばかりか、ユニホームの下にはスケート選手らしからぬFカップ乳(推定=以下同)が隠れているんです」(前出・スポーツ紙五輪担当記者)

 アイドル評論家の小谷哲氏も鼻息を荒くする。

「スピードスケートといえば、ピッタリしたタイツの太腿シルエットにばかり目が行きがちですが、私が注目するのは走破後です。フードとサングラスを外し、さらに胸元のジッパーを開放。さながらストリップショーのように脱衣すると女の顔へ一変するのです。もちろん谷間は見えませんが、逆に本当に脱いだらどうなるのかとドキドキが止まりませんよ」

 世界の大舞台でどこまで魅せてくれるか!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
5
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権