エンタメ

藤井聡太五段「羽生永世七冠」打倒へのV秘策(2)先手・藤井が最新形で攻める

 とはいえ、羽生竜王が早指し戦を不得手としているわけではないという。

「羽生竜王は、朝日杯将棋オープンにこれまで10回出場して5度の優勝を果たし、台頭してきた若手を圧倒的な力の差で退けてきました。一方の藤井五段も大舞台で緊張することはないと思います。いつもどおりの将棋が指せれば勝機は見いだせるはずです」(松本氏)

 対局を前に、藤井五段はどんな準備を行っているのだろうか。先手後手を決める「振り駒」は対局の開始直前。先手用と後手用、二つの作戦イメージを作っておくことになるという。椎名氏がシミュレートするには、

「羽生竜王が指した過去の棋譜は、プロ棋士ならばほぼ全員が、全部並べて見ています。羽生竜王はそうやって研究されながらでも勝っていく。だから横綱なんですが(笑)、藤井五段も当然、並べたことがあるでしょう。そして今回、羽生竜王のここ半年分の棋譜を、もう一度丁寧に並べ直しているでしょうね」

 過去のデータを頭に叩き込み、最近に指された新手があれば、その先の展開をシミュレートする。

 特に、藤井五段がどうしても意識せざるをえないのが、羽生竜王がこのトーナメントの初戦と2回戦で見せた戦い方だ。いずれの対局でも、めったに使わない「四間飛車」(振り飛車の一種)を採用。これは記者室から「まさか!」と驚きの声が上がったほど予想外の戦法だった。

「羽生竜王は振り飛車はあまり自分から選ばないタイプ。持ち時間が短い棋戦で試してみたかったか、勝負に辛い羽生竜王が、持ち時間が短い対局で、いちばん勝ちやすいと本気で思っているのか、と想像しています」(前出・椎名氏)

 こうした伏線を踏まえて、藤井五段としては、早指しの利を生かすべく、「最新形」の戦いに持ち込みたいところ。例えば持ち時間が9時間という「名人タイトル戦」ならば、対局中にじっくりと対応策を練ることができるが、40分ではそうもいかないからだ。

「藤井五段は最新形のほうが『自分の土俵』だと思っているでしょう。羽生竜王も若手と研究会を重ねているので最新形を知らないわけではありませんが、短時間対局で相手の最新形を真正面から受けるのは度胸がいります」(前出・椎名氏)

 あくまで先手を得た場合だが、藤井五段が自分の形へ誘導するのを羽生竜王がどう受けるか、が最初の見どころとなる。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
2
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
3
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
4
小木博明「杏さん耐えて」炎上発言を矢作兼が叱るもさらに燃料投下状態のワケ
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃