芸能

有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?

 元フジテレビアナウンサーでタレントの有賀さつきさん(享年52)が亡くなったのは1月30日の朝だった。死亡が報じられたのは、6日後の2月5日。病名や死因が明らかにされなかったことから、様々な憶測が飛び交ったほどだった。

「2月6日に、父の洋さんが報道陣の取材に応じてくれました。その時点では、洋さんもさつきさんの遺志もあり死因を聞かされていなかったそうです」(ワイドショー関係者)

 洋さんによると、有賀さんは1月中旬に体調を崩して入院。その後、容体が悪化し、30日の午前8時頃、病院から死去の連絡が入った。洋さんだけでなく、元夫で、当時フジテレビ解説委員、和田圭氏(65)との間に生まれた中3の娘(15)も、看取ることはできなかったという。

「病名は本人の強い希望で家族にも伏せられていたそうです。亡くなる3日前に洋さんが見舞った時は、食欲がなく点滴を受けていたものの元気な様子だったそうです。葬儀・告別式は2月1日に密葬で営まれました」(前出・ワイドショー関係者)

 死因は、乳ガンだったと見られるが、有賀さんは昨年2月、自身のブログで〈ずいぶん私も病んでいました〉と闘病をにおわせていた。激痩せぶりとカツラ着用が一部で話題となったこともある。

「実際には、外科手術が厳しいので抗ガン剤治療をしていたそうです」(芸能記者)

 だが、有賀さん本人は「ダイエット中」と説明。周囲にもガンについては一切説明しなかったばかりか、闘病中であることも内緒にして、気を遣わせない配慮を見せていたという。

 有賀さんは1988年にフジテレビ入社。同期アナの八木亜希子(52)=現フリー=、大相撲・貴乃花親方の夫人となった花田(旧姓・河野)景子さん(53)とともに「花の三人娘」と称され、主としてバラエティー番組で活躍。有賀さんの7年先輩に当たる元フジテレビアナウンサーの山中秀樹氏は言う。

「3人セットで積極的に売り出したことから、“女子アナブーム”が起きました。そのブームに乗って3人ともあっという間に売れていった。同期の八木は周囲との接し方や、仕事への取り組みがとても慎重でした。一方の有賀は幼少期を海外で過ごしたせいか、わりとはっきりモノを言うタイプで、仕事に関しても『来たものはとりあえずやってみよう』というところがありました」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”