スポーツ

競馬界 新3大「遺恨対立」の叩き合い攻防!(1)蛯名正義×M・デムーロ

 日本の競馬界は昨今、外国人騎手に席捲されている。だがその活躍の陰では、騎手や調教師らを巻き込んだ新たな「遺恨」が勃発。騎乗トラブルに傍若無人な暴言──火種をまき散らす一触即発の現場を全て書く。

 今年の正月競馬で騎乗停止処分を受け、出遅れたC・ルメール(38)は東西リーディング6位にとどまるも、M・デムーロ(39)は2日間の騎乗停止がありながら15勝でトップに躍り出た(いずれも2月4日現在)。

 2月18日の今年最初のGI「フェブラリーS」では、連覇中のデムーロこそお手馬不在(2月6日時点)だが、年間199勝で昨年の東西リーディングに輝いたルメールは、昨年の2着馬ベストウォーリアで挑む。スポーツ紙デスクが言う。

「昨年の勝ち馬で最優秀ダート馬に輝いたゴールドドリームは、世界的名手のR・ムーア(34)とのコンビで出走。昨年12月のGI、チャレンジCは8番人気まで落としながらの復活勝利でした。『ムーアはやっぱりすごいわ』と陣営も久しぶりの美酒に酔っていましたし、このあとのドバイ遠征を見据えての継続騎乗です。今年最初のGIもルメールとムーアに注目が集まり、また引き続き、外国人騎手が暴れそうですねぇ‥‥」

 そんな外国人騎手に対し、日本人騎手は「包囲網」の構成で対抗を試みるが、そこで「蛯名正義(48)VSデムーロ」という遺恨の構図が生まれたのだった。

「昨年の有馬記念はキタサンブラックと武豊(48)のコンビでの楽勝劇でしたが、その裏には日本人騎手による外国人包囲網が見てとれた。逃げるキタサンのすぐ後ろの内、中、外をガッチリと日本勢が占めて、4角まで道中の隊列がほとんど変わらないスローペース。あんな流れの有馬記念なんて見たことがありませんでした。その結果、直線の坂下からデムーロとルメールは制裁覚悟とも取れるラフプレーで強引に抜け出しを図った。両者から不利を受けた被害馬騎乗の蛯名が追うのを止めたぐらいでした」(前出・スポーツ紙デスク)

 直線でデムーロがボウマンにぶつけ、内に寄ったボウマンが蛯名に激突する「玉突き事故」。蛯名は急ブレーキをかけ、馬が立ち上がるほどだった。16着に散った蛯名はレース後コメントを求める取材陣に対し、

「完璧に運べたが、最後の最後で‥‥。馬にケガがないことを祈ります」

 と淡々と答えていたというが、専門紙トラックマンは、こうも明かすのだ。

「てっきりラフプレーについて蛯名節でまくしたてるかと思っていましたが、とても冷静でビックリしたぐらいです。でも翌日になると一変していました(笑)。夜、眠れないぐらい悔しくて頭にきたんじゃないですか」

 蛯名と親しい記者から報告を受けたデスクが話す。

「蛯名番の記者はもとより、ベテラン若手問わず、騎手や調教師から『ひどかったな』『何でもありだな』と声をかけられると、『(デムーロの騎乗馬が)内にもたれてたけど、ミルコほどの騎手ならまっすぐ走らせようと思えばできただろう』と、まずはホメ殺し。そして『やり得だな。(内にもたれているのを)知ってて追うのを止めないで、斜めに走らせてたし』と、現行の降着制度を巧みに利用した汚いプレーだと批判したそうです。今年は蛯名だけでなく、多くの日本人騎手がデムーロに身勝手な走りをさせないと思いますよ」

 この一件で、デムーロは2日間の騎乗停止処分を受けた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”