スポーツ

羽生結弦と宇野昌磨快挙は安室奈美恵超え?日本中がスマホに釘付けだった!

 平昌五輪で2月17日、羽生結弦と宇野昌磨が夢の金銀フィニッシュを決めたフィギュアスケート男子フリーの生中継(NHK)が、瞬間最高視聴率46.0%をマークした。この数字は昨年末の「第68回NHK紅白歌合戦」で安室奈美恵の歌唱時にマークされた48.4%に肉薄するものだ。

 ただ大みそかの夜という在宅率の高い時間帯に放送された紅白に比べ、五輪の生中継は土曜日の昼間という在宅率の低い時間帯だったことから、数字の重みで言えば今回のフィギュア中継のほうが上だという声は少なくない。さらに、実際に二人の雄姿を見た人たちの人数で言えば、フィギュア中継のほうが上回っていたかもしれないというのである。女性誌のライターがその瞬間について振り返る。

「その日は子供を連れてテーマパークに行っていたんですけど、フィギュア中継は録画予約していたものの、やはり途中経過や結果はどうしても気になります。肝心の子供も『羽生くんが滑るところを観たいなあ』と言うのでスマホで調べてみたところ、NHKがネットで生配信していることを発見。羽生くんが滑走する予定時刻の少し前から家族みんなでスマホにかぶり付きになりました。そしていよいよ羽生くんの出番となり、最初のジャンプを決めたところで『おーっ!』という声があちこちから聞こえてきたんですよ。驚いて周りを見渡すと、何組もの人たちが同じようにスマホの画面を見つめていました」

 今回の平昌五輪ではNHKが、地上波の五輪関連番組を試験提供として生配信。フィギュア男子など多くの競技を外出先でも観ることが可能になっていたのである。羽生のような人気選手の競技では、相当な同時アクセス数を記録したはずだが、そこは皆様のNHK。強力なサーバーを用意したのかパンクせずに済んだようだ。

「宇野くんの演技を見終えた時点でアトラクションの列に並んだのですが、スマホでその後の様子も見続けていたら、隣に並んでいる人から『フィギュアですか?どうでしたか?』と尋ねられました。そこで金銀メダルだと伝えると『やったー!』と大喜び。見知らぬ人との連帯感を感じることができましたね」(前出・女性誌ライター)

 まさに安室超えを果たした男子フィギュアシングルの生中継。今後も大型イベントでは同様のネット配信をお願いしたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)