社会

金融ブローカーが独占証言 裏社会と仮想通貨「資金洗浄・相場操作」(3)資金洗浄専用のコインも登場

 仮想通貨に注目するのは、とかく相場操作できる投機先としてだけでない。いわゆる資金洗浄先(マネーロンダリング)としても注目しているという。社会部記者が明かす。

「昨年、警察庁が初めて仮想通貨による『疑わしい取引』の実態を明らかにしました。それによると、17年4月から10月までに資金洗浄の疑いなどがある取り引きが170件もあったんです。その大半が組絡みの資金洗浄だったと見られています。手口は、他人名義の口座から、偽造された名義の電子財布(ウオレット)への送金。こうしたケースは昨年4月の改正資金決済法が施行されるまで野放し状態で、今ではさらに、ヤクザマネーはアングラ化しているのが実態です」

 実際、X氏の耳にも資金洗浄をにおわせるような問い合わせがあったほどだ。「ブローカーを通じて『ビットコインは足がつかないのか?』とか『仮想通貨を使用すれば匿名性は保てるのか?』と聞かれたことはありますね。確かに仮想通貨はビットコインのように、取り引き記録が全て公開されているケースもありますが、趨勢としては、むしろ取り引きの匿名性が強まるコインの人気が高まっています。当然ながら資金洗浄にはもってこいの温床になっているのは間違いないでしょう」

 実際、昨年、ロシアのマフィアが、40億ドル(約4400億円)相当のビットコインをマネーロンダリングしてギリシャで逮捕されたほか、テロ組織などの送金にも利用されるなど、世界的にも中央政府にチェックされない仮想通貨は、有力な「資金洗浄装置」として闇世界で活用されている実態が報告されている。

「もはや日本でも違法薬物などの非合法な取り引きの大半が、仮想通貨で決済されるのは時間の問題です。しかもビットコインなどの透明性の高い仮想通貨ではなく、よりアングラな草コインが、閉鎖的なグループの中で決済されていく可能性が高い。コインによっては投資目的ではなく、閉じられたネットワークの中でだけ通用すれば、資金洗浄専用のコインが出てきても不思議ではない」(X氏)

 ヤクザと仮想通貨は反中央政府という点で共通項を持つだけに、そのつながりをより強めつつあるのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健もクギ付け!?綾瀬はるかの激ヤバ“胸揺れ”シーンに期待の声
2
東京から干された?和田アキ子をボコったベテラン芸人とは?
3
食パン一斤一気食いも?木南晴夏、玉木宏と電撃結婚で懸念される異常パン愛!
4
桐谷美玲、「三浦翔平が交際宣言」よりも祝福した“劇的な顔面変化”!
5
テレ朝・弘中綾香「バカァ!」炸裂にオードリー若林と交際女優が強烈嫉妬か!?