エンタメ

朝青龍が激怒!小学館が全面謝罪した「コロコロコミック」の超問題中身

 2月15日に発売された「月刊コロコロコミック」(小学館)内の漫画が、大きな波紋を呼んでいる。問題の漫画は「やりすぎ!!! イタズラくん」。イタズラ大好きな主人公が、誰彼かまわず爆笑イタズラをしかけるというもので、通常は「別冊コロコロコミック」にて連載。今回は「別冊コロコロで人気絶頂につき特別出張!(紙面より)」ということで、「月刊コロコロコミック」に登場した模様だ。それだけ子どもたちの支持を集める人気漫画のようだが、なぜ今回、笑えないテンマツとなってしまったのか。

「主人公たちが社会科のテストを受けるのですが、『モンゴル帝国の皇帝』という問いに対して『チ( )・( )・ン』の空欄を埋める場面で、あろうことか主人公が空欄に『ン』『チ』と入れ、さらにチンギス・ハンの写真の額に男性のシンボルを書き込んでいるのです。しかも、同級生がそれを見て大爆笑している始末。これを知った大相撲の元横綱・朝青龍がツイッターで『先祖バカにするお前ら!!』と大激怒(現在は削除)。これには日本人も朝青龍擁護のコメントばかりです。ついに駐日モンゴル大使館も2月23日、公式フェイスブック上に公使参事官の署名入りで抗議文を掲載しました」(芸能ライター)

 コロコロコミックを発行する小学館では、公式HPのトップページに〈コロコロコミック3月号掲載『やりすぎ!!!イタズラくん』の一部表現に関するお詫び〉と題して以下のような謝罪文を掲載している。

〈2月15日に発売致しました弊社月刊誌「コロコロコミック」3月号掲載の漫画『やりすぎ!!! イタズラくん』において、モンゴルの英雄であるチンギス・ハーンに関する不適切な表現があったことにより、モンゴル国国民の皆様をはじめチンギス・ハーンを敬愛する全ての方々にご不快の念を抱かせましたことを、深くお詫び申しあげます。

今後はかかる事態を起こさないよう、モンゴルの歴史・文化に関する知見を深め、一層の配慮をして参る所存です。

なお2月23日、同趣旨の謝罪文を、モンゴル国のダンバダルジャー・バッチジャルガル駐日臨時代理大使に直接お渡し致しましたので、あわせてご報告致します〉

 小学生向けの漫画とはいえ、今回ばかりはさすがに“イタズラ”が過ぎたようだ。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
平手友梨奈主演「響 -HIBIKI-」大ヒットは逃すも酷評が驚くほど少ないワケ
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
野村周平と共演NGに?市原隼人が松田翔太の結婚式でガチギレ!?