スポーツ

“艶”場面続出な平昌五輪「驚いた全シーン」(2)高木美帆はある部分が急成長?

 今大会、大活躍を見せた日本の女子スピードスケート選手たちの胸元にも話題が集中していた。平昌から帰国したばかりのスポーツ番組関係者が明かす。

「金・銀・銅、全てのメダルを獲得した高木美帆(23)のバストの急成長が大会前から話題になっていました。もともと彼女は胸が大きいほうではなく、“天才少女”と話題になったバンクーバー五輪の頃からバストサイズはAカップと目されていたのですが、昨年あたりから『急激に胸が成長している』とささやかれるようになった。競技スーツやジャージではわかりにくいものの、私服だと明らかに以前よりも豊かになっていてCカップ程度に見える。ソチ五輪後に就任したヨハン・デビット代表コーチによる肉体改造が彼女の躍進の背景にあると言われていますが、胸元にも大きな変化があったんですね」

 女子スピードスケート500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(31)も負けてはいない。

「以前から隠れ巨乳と言われていたのですが、今大会では『ノーブラの噂』が浮上したんですよ。彼女が取材対応してくれた際に私服のセーターを着ていたのですが、服の上からクッキリと小豆大のポッチが浮かび上がっていた。寒さからか、『立った』状態だったようで、単なる起伏ではないことが一目瞭然でした。私以外の取材陣も『ノーブラでしたね』と口々に言っていた。海外の女性アスリートだとノーブラは当たり前ですが、正直、小平の乳首にはドキッとしてしまいました」(前出・スポーツ番組関係者)

 寒い平昌で、エロエピソードは選手以外にも飛び火していた。

「報道陣が集まるメインプレスセンター前に設置されている『謎のオブジェ』が大注目されていました。オブジェのモチーフは『男性器』。フルチンで直立している男性の像なんですが、なぜか頭部が大きな亀頭の形というシュールなものでした。しかも数体並んでいて、異様のひと言。各国の報道陣が写真を撮りまくっていたし、我々は勝手に『ペニス像』と呼んで、待ち合わせ場所としても重宝した」(テレビスタッフ)

 そんなペニス像は人気女子アナの目にも触れていた。

「現地レポーターとして平昌入りしていたテレビ東京の鷲見玲奈アナ(27)に、ペニス像の写真を見せた不届き者が現れたんです。ところが鷲見アナは大爆笑しながら凝視したあげく、『オフに見に行ってみます』と言い切ったといいます」(前出・テレビスタッフ)

 日本のメダルラッシュが後押ししたのか、開放的になってしまう女子アナもいたようだ。

「今大会中、フジの三田友梨佳アナ(30)の表情が、現地でやけに明るかった。同じくフジの中継で現地入りしていた元フィギュア代表の高橋大輔(31)と急接近したともっぱらです。取材の合間にボディタッチしながら談笑しているので『イチャつきすぎ』『デキているのでは』と現地のスタッフは噂していた。『オフに両者の手つなぎデートを目撃した』という話まで出ていました」(五輪担当記者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道