エンタメ

肖像画への落書き募集も!コロコロ漫画「モンゴル大使館抗議」騒動の大波紋

 他人の顔写真に落書き、なんてことは、今の大人たちが子ども時代にも当然経験があったはず。読者のそんな子ども心をくすぐろうとしたのはわかるが、やはり悪ノリしすぎたと言えそうなのが、小学館発行で小学生に絶大な人気を誇る漫画誌「月刊コロコロコミック」だ。同誌の最新号である3月号に掲載された漫画「やりすぎ!!!イタズラくん」の中でモンゴルの英雄「チンギス・ハーン」の肖像画のおでこの部分に“男の子の下半身”の落書きが描かれたことで、在日モンゴル大使館を筆頭に国内外から批判が発生。たちまち国際問題にまで発展してしまったわけだが、その余波が収まっていない様子である。

「2月25日から27日にかけて、大手3書店が当該のコロコロコミック3月号の販売を中止したようです。うち1書店では販売中止の理由を、来店したモンゴル人客から『雑誌を販売しないでほしい』と直接抗議があったことで、さまざまな安全面を考えたうえで決定したとしています。当該号がすべて回収されるかどうかは、版元の小学館しだいですが、ネット上では『作者以上に悪ノリなのは編集部』という非難も出ているんです」(週刊誌記者)

 作者以上に悪ノリと指摘されているのは、同号にある「イタズラクガキコンテスト開催!!」という告知コーナー。ここでは編集部主導で豊臣秀吉の肖像に落書きしたものを例としてあげながら、読者には足利義満と問題のチンギス・ハーンの肖像画への落書きを“出題”。それを〈偉人さんの絵にイタズラ描き!そのおもしろさを競うコンテストだ!エンピツさえあれば誰でも参加OK。キミのイタズラセンスを絵にぶつけてくれ!!〉とのアオリ文句で募集しているのだった。

「今回の騒動を受けて、さすがに5月号で優秀者を発表すると告知していたコンテストは中止になりましたが、あまりにハイテンションな盛り上げ方に、作家以上にノリノリだったのは編集部なのでは?と批判が多いのもうなずけます。ネット上では『表現の自由』という擁護コメントもありますが、今回の例以上にシャレにならないような問題が起きかねない企画でしたね」(前出・週刊誌記者)

 編集部は「さすがにやりすぎた」とばかりに謝罪のテイ。今回は「上手の手から水が漏れる」ということで済むかもしれないが、騒動で雑誌を買えなかったり、コンテスト中止で一番ガッカリしているのは子どもたちだろう。ぜひ、コロコロコミックには今後の誌面で汚名返上してほしい。

(山田ここ)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性