芸能

天才テリー伊藤対談「坪井安奈」(1)25歳になった時に大きなきっかけが

20160811i

●ゲスト:坪井安奈(つぼい・あんな) 1988年、滋賀県生まれ。慶應義塾大学在学中にテレビ神奈川の情報番組「みんなが出るテレビ」に女子大生レポーターとして出演。08年度の横浜ベイスターズオフィシャル・チアリーディングチームに合格したのを機に番組を降板。09年より、日本テレビの「Oha!4 NEWS LIVE」にもアシスタントとしてレギュラー出演した。大学卒業後の12年4月、小学館に入社。編集者として「女性セブン」の編集に携わる。13年12月、小学館を退職し、タレント活動を開始。現在はIT企業の「株式会社グラニ」にてIT業界誌「Grand Style」の編集長を務めるほか、Rakuten.FM「Tokyo Tech Street ~Monday Gig~」にレギュラー出演中。また芸能レポーターとしても活躍している。

 芸能レポーターなどで明るい魅力を振りまく一方で、なんと業界誌の編集長という顔も持つなど、マルチに活躍中のタレント・坪井安奈。夢をひとつで終わらせない欲張りな生き様に天才テリーも共感するが、「それがあなたの恋愛を難しくしている」という苦言も飛び出した!?

テリー 坪井さんはタレント兼編集長、という肩書で活動しているんだね。「白熱ライブ ビビット」にもレポーターとして出演しているよね?

坪井 はい、今朝もテリーさんが出演されている「ビビット」を拝見してきました(笑)。

テリー そもそも、どういうキッカケで、この業界に入ってきたの?

坪井 もともと大学生の時に、日本テレビやテレビ神奈川の番組で学生レポーターなどをしていたんですが、卒業後に小学館に入社して、「女性セブン」の編集部に配属されまして。

テリー それは変わった経歴だね。

坪井 で、2年ほど前に小学館を退職し、タレント活動を始めました。一方で、今も雑誌の編集長として編集業務も行っているんですよ。

テリー へえ、編集部にいた時は、どんな記事を担当していたの?

坪井 スクープ班にいた時に、わりと反響が大きかった記事だと、「大久保佳代子さんのお持ち帰り」などを担当しました。

テリー ああ、あったなぁ(笑)。坪井さんはスクープを取るために、どんなことをしていたの?

坪井 「とにかく芸能人がいそうなところへ行ってこい!」と言われるので、夜になると六本木、恵比寿、中目黒、三宿あたりに出かけて行って、芸能人のいそうなお店に入るんです。

テリー 急に行っても、芸能人なんかいないだろう。

坪井 ええ。いちおう「○○さんの行きつけ」という情報がある店を選びますし、いない時には店の方と仲よくなって、「最近、誰か来ませんでしたか?」というように情報を聞き出したりするんです。

テリー そんなに簡単に教えてもらえるものなの?

坪井 私が編集者っぽく見えなかったみたいで、例えば「この店はテリーさんがよく来るんですよね?」って聞いても、ただのファンだと思われるんです。だから警戒されずに「この前来て、○○食べてたよ」なんて教えてくれたりするんですよ。

テリー 食べるものはともかく、女を連れていたなんて情報は難しいでしょ。

坪井 それはなかなか。でも、関係者のフリをして聞いたりすると、意外に出てくることもあるんです。

テリー しかし、芸能人の行きつけとなると、きっとそれなりの店じゃない。そうすると、夜はいつもそういう店で食べてたの?

坪井 はい。空振りでも、仕事ですので経費として領収書をいただいて‥‥。

テリー いいなぁ、毎日うまいモノばかり食べてたんだろうな。なのに、そこを辞めちゃったのは、特ダネ探しに疲れちゃったから?

坪井 いえいえ、仕事は充実していてやりがいがありました。でも、25歳になった時、急に「30代まであと5年だ」と思ってしまったことがきっかけになったんです。

テリー なるほどね、30歳って、ひとつの区切りになるからね。そこで焦り始めたわけだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク