政治

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(22)周りを取り込む温かな人柄

20160811n1st

 何より人を愛し、人に愛された男だった──あまたいる政治家の中でも、田中角栄が特別である理由はここにある。「ロッキード事件」をきっかけに、その運命は大きく変わることとなったが、田中が世に遺したエピソードや言葉は、今なお人々の心を熱く揺さぶり続けている!

 田中角栄がいまだ人々に愛されているのは、ひとえに情の人であったことだ。

 1963年(昭和38年)の暮れ、当時大蔵省主税局税制第一課長の山下元利は、田中角栄大蔵大臣のいる大臣室に向かっていた。

 山下元利の表情は暗かった。まるで処刑場に引かれていくような心境であり、胸には辞表を入れていた。

 山下が責任者となって、翌年度の所得税法の改正案がまとめあげられ、その閣議決定も無事に済み、国会に提出されていた。ところが、改正案の内容の中でも、最も肝心な税率表の数字がまちがっていたのだ。

 原因は、コンピュータの取り扱いミスであった。山下は、胸の潰れるような思いを抱えていた。

〈原因は何であれ、取りかえしのつかない失敗をしてしまった〉

 山下は、主税局長の泉美之松に報告し、善後策を講じることにした。泉主税局長も、さすがに深刻な顔になった。

「政府が国会に、ご審議願います、と言って出した法案がまちがっていたわけだから、もし野党が正面切って問題にしてきたら、大変な騒ぎになる。大蔵大臣の責任問題にもなりかねない。とにかく、大臣に謝ることにしよう」

 山下は予想していた。

〈激しい人だから、今回のミスについてはさぞ激怒するだろうな〉

 山下は、辞表を出す覚悟で、大蔵大臣室に入った。

 山下は、身長178センチ、体重90キロ近いという巨体を丸め、恐縮しながら田中にこれまでのいきさつをしゃべり、詫びた。そして、次の瞬間の田中の罵声を覚悟していた。

 ところが、田中は、人なつこい眼を細めて笑った。

「なあに、たいした問題じゃないよ。日本のソロバンが、コンピュータのミスを発見した、ということにしておけばいいじゃないか」

 山下が辞表提出まで覚悟していた問題は、それで片がついてしまった。

 所得税法改正案は、揉めることなく成立した。

 山下は、胸をなでおろしていた。

〈田中角栄という男は、実に太っ腹な大物だ。おかげで道を外さないで済んだ〉

 山下は、後に田中派の幹部となる‥‥。

 田中角栄事務所といえば、金がどんと積んであるイメージがあるようだが、実際は、まったく違って質素なものだった。元秘書の朝賀昭によると、ボーナスは、必ず田中角栄が直接渡したという。その時、決まって田中が言う言葉がある。

「すまんな。薄くてすまん」

 申し訳なさそうに、そう言う。

 その金額は、多いとは言えなくても家族が食べていくには十分である。基本的に、公務員の年齢給に準じた報酬だった。

 田中角栄が総理大臣になった時、番記者の発案で、「友情のメダル」というようなものが作られた。

 メダルといってもメッキの安物だったが、それを30個作り、1人ずつが持つことになる。ナンバー1の番号のメダルは田中角栄が持ち、ナンバー2は内閣官房長官の二階堂進が持った。残りの28個のメダルを、朝賀が配った。

 配られたメダルの番号順に意味はない。あいうえお順でもなければ、歳の順でもない。取りに来た順番ごとに、次々と配っただけである。

 それだけ、田中角栄は田中番の記者たちと心が通い合っていて、同志と言える関係であった。

作家:大下英治

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!