芸能

グラビア美BODY五輪(5)「美しいHIP部門前編」美大生がメダル圏外から一気に頂点へ!

 平昌五輪は日本人選手のメダルラッシュに沸いたが、グラビア界に目を向ければ、世界に通じるメダル級の逸材ボディの持ち主は数多い。

 それぞれの自慢のパーツで争う美BODYの祭典が今、ここに開幕!

 五輪レコード更新で金メダルを獲得した女子パシュートを観て、「俺も後ろでガン見したい」と思った男たちも多かったはず(?)。

 グラビア界で、そんな肉付きのいいHIPの持ち主といえば、この6人だ!

(選考は発売中のアサ芸Secret!Vol.50より)

金メダル 朝比奈祐未(162センチ B89・W57・H89)

 メダル圏外から1年で一気に「HIP部門」の頂上まで駆け上った印象。インパクト大の愛称「ひなけつ」も、目にする機会が増えてきた。美大出身らしいポージングのうまさも光る。

銀メダル 鈴木ふみ奈(167センチ B96・W62・H93)

 HIPだけでなく、Iカップの爆乳もくびれも脚線美も合格点。夏の競技で言えばウサイン・ボルトか池江璃花子級に複数のメダルが狙える逸材だ。

銅メダル 倉持由香(167センチ B84・W58・H100)

 かつての「オシリーナ」こと秋山莉奈と並び、HIP部門の殿堂入りは確実。ここ最近はプロデューサー的な役割のため、金から銅に移動。

4位入賞 戸田れい(161センチ B83・W59・H88)

 スレンダーできれいなお姉さんだが、HIPの迫力だけは別物。映画の1シーンのようなシチュエーションで誘いかけてくるのだ。

5位入賞 永井里菜(155センチ B85・W58・H83)

 もしかしてこれは、完全球面体なのか? グラビア界にその名をとどろかす永井里菜のボディは、とりわけHIPが何ともたまらん。

6位入賞 平嶋夏海(154センチ B88・W60・H88)

 元AKBという肩書以上に人気グラドルとしてのポジションを確立。どのパーツも魅力的ではあるが、やはり25歳のちょうどいい熟れHIPを推したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”