スポーツ

貴乃花親方、議事録漏洩で「裏金癒着」が暴かれる!

 2月2日の理事選ではわずか2票で惨敗し、相撲協会内で求心力を失った貴乃花親方(45)に、追い討ちをかける暴露スキャンダルが勃発──。理事会議事録の漏洩によって、「裏金疑惑」の渦中にある元顧問との癒着が明らかになった。

 執行部に渦巻くドロドロの権力闘争を描いたノンフィクション「貴の乱」(宝島社刊)が発売されたのは2月22日のことだった。

「店頭に並ぶ前に、相撲協会から版元に抗議があったようです」(出版関係者)

 相撲協会がナーバスになるのも無理はない。同書にスッパ抜かれたのは、15年12月18日に開催された理事会の議事録。マスコミはもちろん、理事、副理事、一部の職員以外は立ち入りが許されない「密室」でのやり取りが暴露されている。この「議事録漏洩」で改めて浮き彫りになったのが、貴乃花親方(45)と八角理事長(54)の対立だ。

「前月に北の湖前理事長が亡くなっていて、次の理事長を決める重要な理事会でした。しかし、初っ端から会は紛糾。相撲協会の顧問(当時)を出席させるかどうかで、貴乃花親方と八角親方が口論を繰り広げています。この内容を見る限り、貴乃花親方が顧問の男性に肩入れしているのがわかります」(角界関係者)

 この「顧問」こそ、現在、相撲協会と法廷で争っている小林慶彦氏。北の湖前理事長が存命中には、側近として相撲協会に食い込み、私腹を肥やしてきたと言われるいわくつきの人物で、相撲協会から約1億6000万円の損害賠償請求訴訟を起こされている。

「小林氏は何人もの協会職員を買収して、数々の不正に手を染めていました。仲間に引き入れた“シンパ”を使ってやりたい放題だったようです」(前出・角界関係者)

 角界改革の急先鋒と言われた貴乃花親方は、いったいなぜ小林氏に肩入れしたのか。3月6日発売の「週刊アサヒ芸能」では、相撲協会にまつわる数々の「裏金疑惑」に肉迫。また、貴乃花部屋に突如として浮上した「暴行疑惑」を追跡し角界のアンタッチャブルな面を詳報している。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…