芸能

フジテレビが重宝するテレビ評論家の「トンデモ論評」一挙公開!

 今、ネットニュースを席巻しているコラムニストがいる。木村隆志氏といい、編集者からは重宝されているといい、ドラマの解説者として「新・週刊フジテレビ批評」(フジテレビ系)にも出演しているが、少々アラ削りな部分があるという指摘があるのだ。

「木村氏の論評で多いのが、少々『早とちり』な意見。例えば石原さとみ主演の放送中のドラマ『アンナチュラル』(TBS系)のスタート時、『1話完結にこだわり、毎回終盤のどんでん返しに頼ると、予定調和の印象を招き、マンネリの懸念も』と、あまり好印象ではない意見を述べていました。しかし、目下、同作は石原さとみ演じる三澄ミコトの壮絶な過去が明かされている真っ最中。もはや誰も1話完結とは思っていないでしょう。彼は早計と言うか、読みが甘いのです」(芸能ライター)

 ただ、この時はまだ回が進んでいなかったからという釈明もできよう。しかし放送から1カ月以上たった2月24日にネットに投稿された別のコラムでは、「一方、法医学ミステリーの『アンナチュラル』とホームコメディーの『もみ消して冬』は、ジャンルこそ異なりますが、一話完結というドラマの構造は同じ」

 と、「一話完結」と再び断定。これに対してSNS上では、「アンナチュラルが一話完結?木村隆志氏はどこを見ていたんだろう?」と、視聴自体も疑われるような意見も見られている。

 また、仲里依紗主演のドラマ「ホリデイラブ」(テレビ朝日系)についてのコメントも疑問だ。同作は夫に不貞されてしまう妻を仲が演じているのだが、これを「サレ妻」と定義しながら、その潮流は不貞スキャンダルへの世間の風当たりから生まれていると主張。そのうえで今後、かつてのドラマのように不貞をする「スル妻」をヒロインとする作品が出てくるかという可能性については、小室哲哉と小泉今日子を巡る不貞報道によって「世間の処罰感情が緩和しはじめているだけに、今夏以降の方向性は不透明」だという。

「ネットの書き込みなどを参考にしているのか、わかりませんが、『世間の処罰感情が緩和』とかデータでは読み取りにくいはずの世間の空気をどこからか感じ取り、自己判断で論じてしまっています」(前出・芸能ライター)

 また、木村氏はバラエティについても執筆しているが、例えば「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)の司会であるオードリー・若林正恭についてもこんなふうに評したものだ。

「失礼ながら“つけ合わせ”のような絶妙の存在感を放っている。ラーメンならメンマ、ハンバーグならニンジンのグラッセ。でも、それがとんでもなくおいしくて、店を出たあと『ラーメンやハンバーグよりメンマやグラッセがうまかった』という記憶が残る」

 若林を料理に例えようとして結局グルメに話を広げすぎ、結果よくわからない分析になっている。木村氏は今後、どんな“読み応え”のあるコラムを提供してくれるだろうか。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人