健康診断

社会

近藤誠が警告「薬を使うと早死にする」(1)「病人」への入り口が健康診断

高齢化による多剤服用が問題視される中、「不必要な薬を減らし、転倒やふらつきなどの副作用を防止する狙いがある」として、高齢者医薬品適正使用検討会が3月9日、「高齢者の医薬品適正使用の指針」案を大筋で了承。早々に指針を固め、都道府県宛に通知する…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

「あらゆる薬は毒である」それでも薬飲みますか?(4)副作用で本当の病気にされる

現在、松田医師の「薬やめる科」でいちばん多いのが睡眠薬や精神安定剤、抗うつ剤などの向精神薬の断薬を希望する患者だ。「日本には膨大な数の睡眠薬、抗うつ薬など向精神薬依存患者がいます。やめようとしても向精神薬は断薬の際に離脱(禁断)症状が伴いま…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
特集

健康診断で気になる肝臓の数値異常、カンタンにできる対策とは

Sponsored

提供:カゴメ株式会社年末年始が近づくと増えてくるのが忘年会、新年会といったお酒の席。居酒屋のいたるところで「まずは皆様方のご健康を祝して!」と、「日本全国酒飲み音頭」よろしく乾杯の挨拶が交わされる季節となってきた。適量の飲酒は昔から“百薬の…

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , |

特集

脂っこい食事を我慢するだけではダメ!気になる血中コレステロールに「リコピン」がいい理由

Sponsored

日本人間ドック学会によると、いまや3人に1人がコレステロールの指摘を受けると言われており、その割合は男性が40代から増えはじめ50代が最も多く、女性は50代でさらに増加する傾向にあるという。運動不足や食生活の変化で年々コレステロールを指摘さ…

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , |
社会

苦しまずにあっさりと…「ピンコロ往生」こうすればできる!(2)健康オタクになるのが近道

続けて「誕生日ピンコロ」のケースを。99歳で亡くなった元書道家の男性・Tさん。新聞を毎日隅から隅まで読み、話題には事欠かないくらい頭もしっかりしていた。健診でも大きな病気は見つからない。「白寿」を迎えるとあって、子供や孫たちが誕生日にお祝い…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

知っているだけで寿命が延びる「真・ガン知識」(3)人間ドックの際に尋ねてもらいたいこと

とはいえ、タバコを吸わず食生活に気を配っていても、がんになることはある。その際、命運を分けるものはというと──。「がんは定期的に検診を受け、早期発見すれば完治する場合が多い。だから予防と定期検診の2段構えを常に意識しておくこと。それが最大の…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

医師・帯津良一の健康放談「足腰を鍛える運動は“てきと~”でいいのです」(2)

健康診断の結果に振り回されずに生き生きと生き、自分が健康であると実感するために、足腰だけは鍛えておきましょう。最近は90歳でもかくしゃくとしている人が増えてきています。それでも彼らは一様に、「足腰が弱りましたなぁ」と言います。ボケてもいない…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

医師・帯津良一の健康放談「足腰を鍛える運動は“てきと~”でいいのです」(1)

健康診断の結果を「健康」の判断基準にする人は多いことでしょう。中には「健康診断を受けているから大丈夫だ」と、あたかも健康診断が健康法のようになっている人もいます。確かに健康診断は予防医学として意義のあることですが、過信してはいけません。なぜ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
特集

あなたに忍び寄る“サイレントキラー”高中性脂肪を撃退する強力助っ人が登場!

Sponsored

「うわっ!今回は基準値ギリギリの149だ。何とかギリギリいっぱいで踏みとどまった」「ダメだ!数値が大台を突破してしまった!どうしたらいいんだ」GW休みでホッと一息ついたのもつかの間、病院から戻ってきた健康診断の通知を見て一喜一憂している人も…

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , , |