安倍総理

社会

韓国に吸い尽くされた日本の血税“23兆円”(2)「反日が高まるのは経済の悪化が原因」

韓国の“ゴーマン体質”について、渡邉氏はこう語る。「日韓基本条約を結んでも植民地支配していた時代があるから、韓国は日本が金を出して救うのは当然だと思っている。今までの日本も韓国が要求するたびに支援していた。ただ、一昨年に朴槿惠政権が誕生し、…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
政治

舛添都知事は前任者をはるかに超えた…

211万票を得て東京都知事となった舛添要一氏(66)。猪瀬直樹前都知事の得票数には及ばなかったが、すでに別の分野ではるかに猪瀬氏を超えているというのだ。都庁関係者がこう話す。「舛添知事の嫌われぶりですよ。猪瀬氏とは比べるべくもないほどで、す…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , , , , , , |
政治

田母神俊雄 都知事選「特攻」出馬の意図を激白!(3)

東京都が抱える問題は、他にもまだまだ山積みとなっています。中でも、現在の東京はさまざまなインフラ再構築が急務とされています。その一つが首都高速道路の整備です。羽田空港と都心を結ぶ首都高1号羽田線は、1964年の東京五輪に合わせて建設され、完…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , , , , |
政治

田母神俊雄 都知事選「特攻」出馬の意図を激白!(2)

諸外国においては、大規模災害対応では軍隊を中心とした災害対応組織があらかじめ決められています。日本ではこれまで自衛隊をできるだけ使いたくないという風潮もあって、自衛隊の能力が十分に使われていないように思います。しかし、東日本大震災や阪神・淡…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , , , |
政治

田母神俊雄 都知事選「特攻」出馬の意図を激白!(1)

2月9日に投開票が行われる東京都知事選挙。1月7日に出馬表明したのは、あの田母神俊雄元航空幕僚長だ。軍事のスペシャリストと行政トップの違いはあれど、リーダーとして5万人もの隊員を指揮してきた実績は証明済み。都の行方を憂う志士がその意気込みを…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , , , |
社会

被災地を無視した震災復興予算の流用実態に迫る(3)

そもそも復興予算の流用は、今回が初めてではない。前例となったのは阪神・淡路大震災だったという。出口氏が解説する。「この時の一番の基本方針が『創造的復興』でした。単に戻すだけではダメだということで流用が行われました。結果、今回ほど全国規模には…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , , |
社会

福島原発「驚愕の偽装現場」を潜入カメラマンが告発ルポ!(3)放射能を浴びた野生動物が出没

私が最後に帰還困難区域に入ったのは、この10月のことでした。あらためて感じたのは、被災地がますます殺伐としてきたことでした。家屋が朽ちかけ、田畑は荒れ放題でセイタカアワダチソウが生い茂っている。その一方で、サルやイノシシが繁殖している。南相…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

福島原発「驚愕の偽装現場」を潜入カメラマンが告発ルポ!(2)原発作業員の日当も値崩れが…

熟練作業員が高線量で原発に入れないという問題の他に「日当の値崩れ」の問題もあります。いわき市には原発作業員を募集する貼り紙が市内のあちこちに貼られています。日当が、〈1万4000円〉と書かれていましたが、そんなわずかな金額で死と隣り合わせの…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

福島原発「驚愕の偽装現場」を潜入カメラマンが告発ルポ!(1)まさに“命がけのUFOキャッチャー”が行われようとしている

現役時代に原発を推進した小泉純一郎元総理が脱原発を主張する今、福島第一原発では何が起きているのか。折しも4号機では、人類史上初の「命がけのUFOキャッチャー」のような燃料棒取り出し作戦が進められている。震災後、何度となく福島入りし、惨状を取…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

今なお“家庭内亀裂”に悩む被災者(2)家族そろっての五輪観戦を祈るばかり…

B氏は震災から半年で自宅に戻れた。深刻な被害を受けた周囲から比べれば、「ラッキーだったと思った」(B氏)と言うが、平穏になりかけたある日のことだった。「突然、仕事先にいた時に妻から電話が入ったのです。母が近くの川に飛び込み自殺をはかったとい…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

今なお“家庭内亀裂”に悩む被災者(1)仮説住宅での暮らしで家族の絆がボロボロに

東京五輪招致決定のニュースを家族とともに聞けただけでも幸せかもしれない。今なお、仮設住宅などで避難生活を余儀なくされている人々、21万5000人の中には、深刻な「家庭内亀裂」に悩む被災者が多い。7年後の五輪を楽しみにする余裕などないのだ。青…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

豪華選手村は被災者たちにどう移るのか(2)町は“震災復興”より“産業復興”に 重点

事情をある男性町民が語る。「町は震災復興よりも産業復興に重点を置いているように見える。震災前から地域産業はすたれつつあり、かつての商店街もシャッター通りになりかけていた。でも、震災で被災地全体が注目され、補助金制度などが整備されてきたため、…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

豪華選手村は被災者たちにどう移るのか(1)災害公営住宅の完成がいまだ“0戸”の地域も…

「いったい、いつ建てられるのか」──。この国ではある建造物の完成を巡って、こんなセリフをよく聞く。一つは、東京五輪の選手村が大会後はマンションになる計画を聞きつけ、一獲千金を狙う不動産業者らの歓喜の声。もう一つは、いまだ完成しない「災害公営…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

安倍総理「名スピーチで隠した“不都合な真実”」(2)みのもんたと五輪の意外な関係

9月19日に安倍総理は福島第一原発を視察。その際、主にサッカー用に整備された広大な練習施設「Jヴィレッジ」にも立ち寄ったが、この施設を巡る“ウソ”も露呈している。五輪招致前の9月4日のIOC委員を前にした記者会見で、JOCの竹田恒和理事長(…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
12