政治

田母神俊雄 都知事選「特攻」出馬の意図を激白!(3)

 東京都が抱える問題は、他にもまだまだ山積みとなっています。中でも、現在の東京はさまざまなインフラ再構築が急務とされています。

 その一つが首都高速道路の整備です。羽田空港と都心を結ぶ首都高1号羽田線は、1964年の東京五輪に合わせて建設され、完成からすでに半世紀が過ぎています。都心環状線、3号渋谷線、4号新宿線など首都高速道路の半分ほどで、30年以上が経過しており、老朽化や耐震性不足から改修が不可欠です。地下高速道路構想を含め、五輪開催までの6年間で早急に対処することが必要です。

 とはいえ、行政経験のない私の出馬に対し、“経験不足”という声が出ているのも知っています。しかし、行政も自衛隊も同じ大組織である以上、「上が下を動かす」点で、基本は同じです。私は航空自衛隊5万人のトップとして指揮をしてきましたので、人を使う・育てる能力は、他の人に決してひけを取らないと思っています。

 組織のトップとして最も大切なことは、どれだけ多くの人が自分の意を体して動いてくれるかということです。リーダーの考え方や行動が、部下に大きな影響を与えます。

 人間誰しも「美しい心」と「美しくない心」が同居しており、リーダーに重要なのは、部下の美しい心を刺激することです。組織においては、「美しい心」と「美しくない心」のどちらが前面に出てくるかは上司しだい、つまりリーダーの献身的な言動こそが、組織を大きく変えていく原動力となるのです。

 こうしたリーダー教育も、私には長年培ってきたノウハウがあります。それは都政においても大いに役に立つと思っています。そして、職員のスキルがアップすれば、東京都は世界に冠たる日本の首都として、輝きを取り戻すに違いありません。

 基本的に私は、出馬会見にも賛同人として同席していただいた石原慎太郎さんがやってこられた“石原都政”を支持してきました。当選の暁には、石原都政を継承し、「強い東京」「強い日本」を作っていきたいと考えています。

 安倍晋三総理についても同様です。現在、「日本を取り戻す」と安倍総理が努力をされていますが、日本の首都である東京都知事が、政府と共同歩調を取らず、勝手な政策を押し進めていくようでは、強い日本は実現できません。

 その点、安倍総理と私は「国家観」「歴史観」が似ています。総理大臣と東京都知事の考えが近いと、あらゆる政策もやりやすくなります。

 国政と行政が手を携えて一つの目標に向かって邁進していく。私が考える東京都の将来は、明るい自信に満ちた社会になるに違いない。そう確信しています。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」