政治

切れ者論客4人が意見!「靖国参拝は是か非か」(2)東京新聞編集委員・五味洋治

20140123u

 日中、日韓ともに首脳会談ができない状態が1年以上続いています。2つの隣国で同時に、というのは異例のこと。何しろ、韓国の尹炳世〈ユン・ビョンセ〉外相は「(安倍政権は)北東アジアの平和と協力の大きな障害物になっている」とまで言って批判していますから。

 靖国参拝自体は、日本国内でも支持する人もそうでない人もいるわけで、完全に正しいとも間違っているとも言えないと思います。ただ、参拝のタイミングとして、いいものではなかったと思いますね。

 では、いいタイミングというはあるのか。それは(自民党総裁の)退任直前です。事実、菅義偉官房長官や秘書官は安倍総理に「行きたい気持ちはわかる。もし行くなら退任直前がいい」と進言し、だいぶ止めたようです。いくら(中国、韓国との)関係がすでに悪化していたからといっても、そこへさらに重石をつけて水に沈めることはないのでは、ということです。

 個人的には、参拝する気持ちはわからなくはありません。が、15年9月にはいったん、任期が切れます。そこで参拝すれば、反発も今回よりは少なかったでしょう。時期を考えるべきだった、ということです。

 結果、どういう事態に陥ったか。例えば中国には「日本は軍国主義に戻ろうとしている」という言い訳を与えることになりました。対抗策として軍備を増強したり、中国が勝手に決めた航空識別圏をさらに正当化してくるなどの強硬姿勢をとる口実となるのです。

 そして現職総理としては、06年の小泉純一郎氏以来、7年ぶりの参拝でした。あの時は、「自分の信念で突っ走ってしまう変わり者」のイメージが小泉氏にありましたが、今回は違う。中国、韓国は「安倍総理は強いリーダーを目指している。その強いリーダー、実力を持った保守本流の政治家が、我々の目をはばかることなく堂々と参拝した」という、半ば恐怖感すら持ちました。それに対する行動は、参拝後に中国船3隻が尖閣諸島周辺で日本の領海に侵入したり、中国機も尖閣諸島周辺を飛行するといったものに表れています。

 実は今、在日中国人の間では、こんな噂が急速に広まっています。「いよいよ中国が日本を攻撃、戦争をする準備に入った。ミサイルを日本に向けている。日本にいる俺たちは見捨てられたんだ!」と。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】