芸能

武井咲が暴露した「○○賞」の「ゴリ押し」実態

 10月9日、今年の「メガネ ベストドレッサー賞」の表彰式が東京・有明の東京ビッグサイトで行われた。中でも注目を浴びたのは「特別賞」を授与された武井咲(19)である。フジテレビ月9ドラマ「海の上の診療所」で松田翔太と共演し、ヒロインを演じる彼女だが、これまでの役柄や私生活では「メガネ」とは縁遠く、武井とメガネが結びつく人は少ないだろう。それもそのはず、「特別賞」は「メガネが似合う」という賞ではなく、「将来かけて欲しい」という期待を込めた賞なのだとか。

 直後に行われた記者会見で、記者から武井に「昨年の受賞者は誰かわかりますか?」という質問が飛んだ。

「武井は『知っています。剛ちゃん(剛力彩芽・21)です』と笑顔で返答しました。そこまでで止めれば良かったのですが、彼女は『マネジャーに私も欲しいって言いました』と元気に返答してしまったのです」(芸能記者)

 剛力と言えば、武井と同じ事務所に所属している。あらゆる「賞」を欲しいままにしていることから、ネット上などで「ゴリ押し」と揶揄され、本人もそれを気に病んでいるという報道もある。

「質問した記者もそこで止めておけば良いのですが、『それ事務所の力ですよね』と答えてしまったのです。おかげで会場には冷たい空気が流れました」

 振り向けばテレ東と言われ、視聴率戦争で民放4位に転落したフジテレビ。営業利益では高い金額を維持しているのだが、本業で稼げない状況は好ましくはないハズだ。ある広告代理店社員が語る。

「フジの黄金時代を作り上げた月9枠の復活は、フジにとって至上命題です。広告料は視聴率に応じて上下するため、低い視聴率を取ると次のクールの番組収入が安くなり、結果、良質なスポンサーがその枠から逃げてしまい悪循環に陥るのです」

 とはいえ、武井のドラマ「海の上──」の初回視聴率は初回15.6%で、2話までの平均は14.2%とパッとしない状況。

「視聴率」もゴリ押しできれば良いのだが──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
視聴率爆下げの原因?松本潤「99.9」公式ツイッターの発言に視聴者から批判殺到
2
テレビ復帰は無理!楽しんご、乱暴された被害者女性を口撃してフルボッコに
3
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(1)検査をしようとしたところ…
4
田中みな実が圧勝!前田敦子が自分のインスタグラムで公開処刑される
5
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?