芸能

ももいろクローバーZ、プロデューサーの「パワハラ自慢」で加速する人気離れ

20150629momokro

 アイドルグループ・ももいろクローバーZの元マネージャーであり、現プロデューサーの川上アキラ氏が26日、ツイッターを更新した。そこで川上氏は、「その日の朝 飼い犬が死んで八つ当たりでフルヤをばきうちしたら逃げて1週間連絡とれなくなった。なんか良い思い出だなつかしーね」とツイートし、その内容が“パワハラ自慢”だと物議を醸している。

「川上氏は、ももクロのマネージャーをブレイク前から長年務め、現在はプロデューサーにまで登りつめた人物として知られています。彼の横暴な性格は業界内でも有名でしたが、今回はミスをしたわけでもない古屋という女性スタッフに対し、パワハラを行ったことを自慢げにツイートしたため炎上しています。やはりももクロに近い人物ですから、ファンはピュアなイメージを持つメンバーへの悪影響を心配しているようです」(アイドルライター)

 このツイートを見たももクロファンは川上氏に対し、「イジメ自慢を堂々と公言するな!」「あなたのそのような素行・性格は絶対にももクロメンバーに悪影響です!」という怒りの声をあげている。また「友人達がそのような最低な発言で、ももクロから離れていってます」という意見もあり、ある音楽ライターによると現在、ももクロのファン離れは深刻な状況だという。

「ももクロはCD売上が特に伸び悩んでいます。2013年に発売された『GOUNN』の初週7.7万枚がピークで、後は右肩下がり。今年、海外ロックバンド『KISS』とコラボし、話題性を狙ったシングル『夢の浮世に咲いてみな』も5.8万枚と伸び悩み、売上はイマイチだった。そして新曲は、絶大な人気を誇る『ドラゴンボール』とのコラボということで売上が期待されていましたが、4.8万枚とさらに減少。もはやももクロにかつてのような勢いはなく、人気の低迷が止まらない状況です」

 昨年は3年連続で紅白出場を果たしたももクロだが、はたして今年も出場することができるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」
2
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由
3
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(2)「得体が知れない」との声も
4
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”
5
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?