芸能

「人気者は目指してない」 欅坂46の新センターは“第二の生駒里奈”か!?

20160108ikoma

 乃木坂46に続く坂道グループの二番手として昨年8月に誕生したばかりの欅坂46が、年末に放送されたフジテレビの音楽特番「FNS歌謡祭 THE LIVE」で、初パフォーマンスを披露して話題になった。ちょうどその1カ月前に初イベントとなる「お見立て会」を行ったばかりのまだ初心なグループだけに、緊張から硬さが目立ったものの初々しさがあってよかったと好評も多く、ファンたちは歴史的瞬間に立ち会えて大満足だったようだ。

 初冠番組「欅って、書けない?」(テレビ東京系)もスタートさせている彼女たちだが、番組の放送時間が深夜なこともあり、ファン以外の人では初めて欅坂を見たという人がほとんどだったようだ。

 そういった人たちがまず一番に注目するのがやはりセンター。記念すべき初ステージでセンターに抜擢されたのが、ショートヘアが可愛い現在中学2年生の平手友梨奈だ。そんな平手を初めて見た人たちの印象は「センターの子、生駒ちゃん系だね」「欅坂もやはりこの系統で攻めるのね」など、乃木坂の初代センターである生駒里奈と被ってしまうという声が多かった。

「披露した楽曲は乃木坂46の名を一気に世に広めるきっかけとなった4thシングル『制服のマネキン』です。もちろん、生駒がセンターを務める楽曲ですが、数ある生駒センターの楽曲の中でも一番生駒の存在感が際立つ作品です。そのため、その世界観を壊さないためにかつての生駒のルックスにそっくりな平手を起用したのは無難な判断だったと思います。堂々とした立ち姿も生駒を彷彿とさせるものがありましたね」(アイドル誌ライター)

 ただ、単に似ているというだけではもちろんセンターになれない。さらに平手について、前出のアイドル誌ライターはこう説明する。

「平手は現在14歳の中学2年生で、欅坂の最年少メンバーです。ですが、グループ内で一番しっかりしているメンバーとも言われています。また、彼女にはアイドルとしてやっていくという並々ならぬ決意を感じます。先月のお見立て会イベントでの自己PRタイムでは『私は人気者になってチヤホヤされたくてアイドルになったわけじゃない。自分を変えたくてアイドルになった』と語っている。生駒も素人時代はイジメられっ子だったが、引っ込み思案な自分を変えるために乃木坂入りを決めている。そういった活動へかける想いの熱さも生駒同様のものを持っている」

 まだまだ正式なデビューも決まっていないグループだけに実際、誰がセンターポジションにつくのかは読めないが、運営も推したくなるような逸材である平手が、現時点では1歩リードといった感じのようだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!
2
戸田恵梨香の車で事故った成田凌にファンが「交際発覚」より失望した事実!
3
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
「さんタク」正月放送決定でも2人を隔てる不穏な空気