芸能

これが彼女らしさ!? 乃木坂46生駒里奈、最終シングル「センター辞退」の真意

「まさかの決断」もそこには生駒らしさが詰まっていた──。

 乃木坂46の4月25日発売の20枚目シングル「シンクロニシティ」の選抜メンバーのフォーメーションが、3月11日放送の乃木坂冠番組「乃木坂工事中」(テレビ東京系)で発表された。記念すべき20枚目のシングルとなるが、乃木坂の顔として知られる生駒里奈が、今作での卒業を発表していただけに、生駒が卒業センターを務めることを望む声がファンからは多かった。ところが、実際にセンターで名前を呼ばれたのは約4年半ぶりにセンターを務める白石麻衣で、生駒は2列目の真ん中のポジションに入っていた。

 この結果にはファンからは驚きの声が上がっていたが、実は生駒が卒業シングルでのセンターを断っていたことが日刊スポーツのインタビューで明かされていたのだ。

「橋本奈々未や深川麻衣など人気メンバーの卒業時には、卒業メンバーがセンターを務める楽曲が発表されていただけに、初代センターを務めた生駒なら卒業シングルのセンターは間違いないと思うのが普通でしょう。ですが、生駒は『卒業だからといってセンターはしたくない』という気持ちがあり、総合プロデューサーの秋元康氏のセンター打診を断っていたようです。レコード大賞受賞後の大事なシングルということもあって、自身の卒業シングルといったイメージを持ってほしくないということも大きいようです」(アイドル誌ライター)

 また、生駒は「グループ全体を考えた時、こういう(卒業センターをやらない)パターンがあってもいいと思う。自分を貫かせていただきました」ともコメントしている。

 生駒としては自身がセンターを務めることで乃木坂の成長を邪魔してしまうという判断でのセンター辞退だとは思うが、こうしたグループを第一に考える決断にはファンからも「生駒ちゃんらしい」という声が上がっている。

「生駒にとって2014年から約1年間のAKB48との兼任もアイドルとしてのターニングポイントになっているでしょうが、その時は乃木坂の公式ライバルグループのAKBとの兼任ということもあって、当初はファンやメンバーからの批判的な意見も多数ありました。当時、生駒は自分がAKB48で頑張ることが乃木坂の今後のためになると判断し、親にも相談せずにAKBとの兼任を決めていましたが、批判の中には、自分だけが有名になりたい下心もどこかであったのでは? とまで、疑う声もありました。しかし、そんな自身の利益のために行動する人が自身の卒業センターをあえて辞退するわけがありませんよね。これまでも、『これが乃木坂のためになる』と、グループのことを最優先に考えて行動しているように感じる場面がありましたが、今回の卒業センター辞退で、それが、単なるキレイごとではなく、生駒が本当に自分のことよりグループのことを第一に考えていたことがわかりますね」(前出・アイドル誌ライター)

 卒業シングルは3列のフォーメーションということもあって、センターではないものの、フォーメーション全体の中心となるポジションに立つ生駒。レコード大賞受賞曲の「インフルエンサー」でも、ダンスのキレやオーラなどで、2列目のポジションながらセンターにも負けない存在感を放っていた生駒だけに、ラストシングルでも気持ちは謙虚でも、パフォーマンスでは悔いの残らぬよう最高の輝きを見せてほしい。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点