芸能

また“出落ち”か!?堀北真希の主演ドラマが1話であきられる理由

20160108horikita

 堀北真希にとって1年ぶりとなる連続ドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」(日本テレビ系)が1月13日にスタートするのを前に、番宣でのテレビ出演が続いている。なにより話題になったのが、大晦日恒例「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない名探偵24時!」(日本テレビ系)への登場だった。テレビ誌のライターが説明する。

「ヘッドフォン姿で『シンクロしました』の決めゼリフを口にするシーンはドラマでの役柄そのもの。下手をすれば視聴者をシラけさせかねない見え見えの番宣ですが、芸人らのリアクションを見て笑いを必死にこらえる様子が視聴者に好感され、ネットでも『かわええ!』と絶賛でしたね」

 そんな堀北だが、肝心のドラマのほうは早くも先行きが危ぶまれているようだ。なんでも堀北のドラマは放送前には話題になるものの、ふたを開けてみたら低視聴率ということが多いというのである。テレビ誌のライターが言う。

「1年前に主演した『まっしろ』(TBS系)では、看護師役でのナース服姿が可愛いと評判でしたが、視聴率は初回の7.9%が最高で、平均視聴率は5.8%と惨敗。おそらく初回放送でナース服の堀北を確認し、それで満足してしまった視聴者が多かったのかもしれません。お笑いでいうところの“出落ち”みたいなものですよ」

 その出落ちパターンは、2013年のドラマ「ミス・パイロット」(フジテレビ)でも一緒だった。こちらでは平均視聴率こそ良かったものの、最も数字が高かったのはやはり初回放送だったのである。テレビ誌のライターが続ける。

「今回の『ヒガンバナ』では堀北が演じる女刑事のシンクロ能力が重要な見どころ。それを大晦日の『ガキ使』で先行して公開したことにより、今や視聴者の注目がそのシーンに集まっている状態です。そのため今作でも、第1話で多くの視聴者が満足しきってしまう恐れが高そうですね」

 ちなみに情熱や再会といった花言葉を持つヒガンバナだが、その中には「あきらめ」という言葉も。今作での堀北にはぜひ、あきらめずに頑張ってもらいたいものである。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」