芸能

「ベッキービル」は大丈夫?不貞問題で事務所の経営は揺らぐのか!?

20160116beckya

 ベッキーの不貞問題が原因で、所属事務所サンミュージックプロダクションの経営が揺らぐと噂になっている。ベッキーの出演CMは全10社に及び、その多くが契約を更新しないと予測されているからだ。芸能ライターが過去の例を教えてくれた。

「酒井法子の薬物事件では、CM契約の違約金やキャラクター商品の回収などで損害が5億円にも及んだそうです。今回のベッキーは法律違反の行為ではないので違約金はなさそうですが、現在の売れっ子ぶりから考えると似たような減収額になる可能性がありますね」

 しかもベッキーは同社の中でも稼ぎ頭の一人。2009年に事務所が現在地に移転した際には、明らかに家賃が高くなった建物を指して“ベッキービル”と呼ぶ人もいたとか。そんなベッキーが稼げなくなってしまうことで、事務所の経営に影響は出ないのだろうか。前出の芸能ライターが語る。

「一見、売れっ子タレントが少なそうに見えるサンミュージックですが、同社の強みは裾野の広さです。中でも全国に15カ所もの拠点を抱えるサンミュージックアカデミーは、経営面では屋台骨の一つ。子役や若手タレントを数多く抱える事務所のため生徒にも出番を与えやすく、デビューに近いスクールとして人気があります」

 そんな同事務所には、子役や若手をメインに扱うサンミュージックブレーンという子会社もあり、ベッキーもかつてはこちらの所属だった。つまり同社には未来のベッキー予備軍がわんさかと所属しているのである。ベッキーの失速は一時的には痛手になるが、そこで空いた穴を埋めるタレントが現れれば、今回の不貞騒動は次世代のスターを生んだキッカケとして記憶されることになるかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!
2
戸田恵梨香の車で事故った成田凌にファンが「交際発覚」より失望した事実!
3
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情