芸能

「卒論」「ありがとう文春!」ゲス&ベッキー騒動で2016流行語大豊作

20160125becky

 1月21日発売の「週刊文春」で報じられた「ゲスの極み乙女。」川谷絵音とベッキーの「禁断愛」第3弾。そこには直撃取材を受けた後も、まったく変わらず愛を確かめ合う2人の能天気なLINEの内容がつづられている。これまでベッキー擁護の意見も見られたネット上でも、これには呆れるばかり。「とくダネ!」(フジテレビ系)の小倉智昭キャスターも「バカじゃないの?」と一喝するなど、いよいよベッキーの立場が危うくなってきた。

 そんな2人の“色ボケ”ぶりを表す数々の言葉が話題となり、流行語となりつつある。

「2人だけの会話であるはずのLINEで用いていたのですが、まさか世間にさらされるとは思わなかったでしょうね。離婚届の隠語『卒論』や、2人の熱愛をスクープした週刊文春を指して『センテンス スプリング』、そして公になったことで堂々と恋愛できるとして2人そろって書き込んだ『ありがとう文春!』など、ブログやツイッターで取り上げられています。さらに『ヒルズ族に教えたい ほんとうの幸せはお金かからないよって』という名言には『ベッキーに教えたい 不貞の賠償はお金かかるよって』ほか、いろいろいじられてネタにされていますよ」(週刊誌記者)

 常に前向きな言動で人気だったベッキー。しかし、“前向き”と“反省しない”はまったくの別物。そんなことにも気付かないほど、深い愛に溺れてしまっているということなのだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    あなたも結婚できる!“人の手”にこだわった紹介サービスって?

    Sponsored
    52075

    話題の“こじらせ男子”というワケではない。40歳を過ぎてからというもの、職場でもそれなりの責任を任される立場にもなったし、性格だって明朗快活。それなのにナゼ、自分はこれまで結婚に縁がなかったんだろうか?旧友の「結婚しました!」という連絡を聞…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出張についてのアンケート

    Sponsored
    81003

    いつもアサ芸プラスをご愛読いただきありがとうございます。アサ芸プラスでは、今後出張に関する情報を提供させていただくにあたり、ユーザーの方の興味関心をアンケートでとらせていただいております。簡単な内容ですのでご協力よろしくお願いします。ご協力…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「夜中、頻繁に目覚めるのは危険?不整脈や動脈硬化を合併する可能性」

    83505

    「あなた、またなの?」で始まるテレビコマーシャルを目にしたことがないでしょうか。夜中、頻繁に目が覚める旦那さんに対して、横で寝ている奥さんが声をかける内容です。同じ布団で寝ているパートナーが頻繁に起きると「いいかげんにしてよ」と言いたくなり…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広でもリカバー不能?「音楽の日」で歌手LiSAを巡って大放送事故!
2
新垣結衣、共演女優が公開告発するも視聴者は全面支持したDL「裏切り行為」!
3
有名人衝撃死の真相「大原麗子」“親友が明かした晩年の精神状態”
4
NMB48山本彩の名前を絶叫連呼!TBS音楽特番で中居正広も収拾不能の放送事故
5
藤井聡太四段、横綱白鵬に贈った扇子の「完売品とは揮毫が違う」レア度!