芸能

清原容疑者が住んでいた部屋は、本人にも支援者にも都合がいい物件だった!

20160209kiyohara

 2月2日深夜に薬物所持の現行犯で逮捕された清原和博容疑者。その現場となった東京・港区の高級マンションは、窓から東京タワーが見渡せる絶好の立地となっている。報道では家賃66万円とも伝えられるが、ここはどんな物件なのか。週刊誌の記者が教えてくれた。

「あの部屋は家具付きのサービスアパートメントです。これはホテルとマンションの中間的な存在で、海外では駐在員が住む高級住宅として一般的。ホテルと同様に割引料金もあり、この部屋も40万円程度で借りられるようです。1カ月分の保証金が必要ですが、マンションと違って厳しい審査はなく、いわくつきの人物でも借りやすいというメリットがあります」

 住民には1カ月単位で滞在する外国人観光客や、外国企業の日本駐在員も多く、清原のような有名人でも人の目を気にせず過ごせるのがメリットだろう。しかし割引でも月額40万円は相当な金額で、定期的な収入のない清原にとっては家賃を払うのも大変だったはずだ。週刊誌記者が続ける。

「やはり支援者がいたことは間違いないようですね。その支援者にしてみれば、自分が所有するマンションに清原を住ませていた場合、今回のような逮捕事件が発生すると警察の事情聴取は不可避ですし、管理会社からも責任を問われかねません。その点、月ごとに更新するサービスアパートメントなら契約を終了すればいいだけの話。まさに絶好の物件だったと言えるはずです」

 ちなみに同物件の屋上には、居住者が自由に使えるバーベキューテラスも完備。天気が良ければ肉を焼く煙の香りを楽しめることだろう。だが清原が楽しんでいたのは別の煙だったようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
視聴率爆下げの原因?松本潤「99.9」公式ツイッターの発言に視聴者から批判殺到
2
テレビ復帰は無理!楽しんご、乱暴された被害者女性を口撃してフルボッコに
3
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(1)検査をしようとしたところ…
4
田中みな実が圧勝!前田敦子が自分のインスタグラムで公開処刑される
5
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?