芸能

「めちゃイケ」卒業の三ちゃん、重盛さと美もドン引きした異常すぎる性癖とは?

20160303sigemori

 2月27日に放送されたバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)にて、レギュラー存続を決める視聴者投票が行われ、三中元克は不合格となり卒業した。今回の卒業は、三中の行動が招いた事態だという。

「三中は元々、めちゃイケ内でプロレスラーへ向けて修行する企画に挑戦していました。しかし度重なる逃走や、関係者に嘘をついて勝手に帰郷するなど、問題行動を繰り返したため、スタッフ側は更正の予知なしと判断。結果、上層部はクビを決めたそうです。しかし局側で、クビを切ると批判が起こると予測したスタッフは、今回のような視聴者投票という手法を取ったようです」(芸能記者)

 それらの思惑があったからなのか、放送ではあえて三中が女性たちと飲み屋で騒ぐVTRを流し、視聴者の彼に対するネガティブなイメージを誘導しようとする編集が見られた。

 また放送後は、ネット配信番組「めちゃ×2タメしてるッ!」にて、彼と特に仲の良いジャルジャル・福徳秀介の口から、三中に関する驚きのエピソードが語られたという。

「番組では福徳が三中のプライベートを暴露したのですが、その異様な内容が視聴者を驚かせました。彼によると、三中は性に対する欲望が異常に強く、定期的にカプセルホテルに通っては、1人で下腹部を床に擦り付け、8回連続で昇天しているそうです。さらにホテルへ向かう前は、着替えから財布まで身に付けるものすべてを新品で購入し、行為後はそれらをすべて捨ててからでなければ帰れないという、奇怪な習性も話していました。これには、重盛さと美やタンポポら女性共演者は、『性犯罪者のよう』と話し、ドン引きしていました」(テレビ誌記者)

 この行動には、三中を素朴な青年と認識していた視聴者からも「普通じゃない!」と驚きのコメントが飛び交った。

 今年から吉本所属となり、プロの芸人となった三中だが、今後、これらの異常性を笑いに変えていくことができるだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
ゲス極・川谷絵音の衝撃発言で囁かれる「ベッキーのボディはバツグン」説
2
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(1)検査をしようとしたところ…
3
パソコンに残ったデータを発見!?ベッキーとゲス極・川谷の愛欲LINEの流出元
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”