芸能

「不謹慎だ!」実写版「天才バカボン」が視聴者から批判された理由

20160315ueda

 3月11日に放送されたテレビドラマ「天才バカボン~家族の絆」(日本テレビ系)の視聴率が12.2%だったことがわかった。同ドラマは故・赤塚不二夫のギャグマンガ「天才バカボン」の実写化作品として注目を集めた。

「バカボンのパパ役を『くりぃむしちゅー』上田晋也、バカボン役を『おかずクラブ』オカリナが務めるなどキャストの話題性もあり、視聴率はまずまずだった。しかし、日テレによる昭和漫画の実写化といえば、昨年の『ど根性ガエル』がありますが、その作品も初回13.1%を記録したものの、以降は6%台まで下落。そのため今後、『バカボン』が連ドラ化されたとしても、物珍しさで集まった初回視聴者を逃してしまう可能性があります」(テレビ誌記者)

 内容に関しては「上田の演技がキツイ」「意外とおもしろかった」などと賛否が分かれ、他にもバカボンの弟・ハジメちゃんを演じた子役の早坂ひららの演技が凄いと、ネットでは放送後も話題になっている。

 だが、そんな視聴者の声の中には、ドラマの内容以上に放送日に対する批判が殺到しているという。

「『バカボン』の放送された日が、東日本大震災が起きた3月11日だったため、『天才バカボン』というタイトルが“天災”を思わせると、一部の視聴者が激怒したのです。内容には問題がなかったものの、ネットでは、『なぜよりによってこの日なんだ?』『不謹慎だろう』という声が飛び交いました」(前出・テレビ誌記者)

 またこの日は「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演した「オリエンタルラジオ」による音楽ユニット「RADIO FISH」が“天災”という歌詞を急遽“天才”と書き換えて歌ったことで、被災者への配慮が注目された。

 サブタイトルに「家族の絆」と入れてあることから、日テレがあえてこの日を選んだ可能性は高そうだが、視聴者がこれほど過敏な反応をしてくることは読めなかったようだ。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    あなたも結婚できる!“人の手”にこだわった紹介サービスって?

    Sponsored
    52075

    話題の“こじらせ男子”というワケではない。40歳を過ぎてからというもの、職場でもそれなりの責任を任される立場にもなったし、性格だって明朗快活。それなのにナゼ、自分はこれまで結婚に縁がなかったんだろうか?旧友の「結婚しました!」という連絡を聞…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出張についてのアンケート

    Sponsored
    81003

    いつもアサ芸プラスをご愛読いただきありがとうございます。アサ芸プラスでは、今後出張に関する情報を提供させていただくにあたり、ユーザーの方の興味関心をアンケートでとらせていただいております。簡単な内容ですのでご協力よろしくお願いします。ご協力…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「夜中、頻繁に目覚めるのは危険?不整脈や動脈硬化を合併する可能性」

    83505

    「あなた、またなの?」で始まるテレビコマーシャルを目にしたことがないでしょうか。夜中、頻繁に目が覚める旦那さんに対して、横で寝ている奥さんが声をかける内容です。同じ布団で寝ているパートナーが頻繁に起きると「いいかげんにしてよ」と言いたくなり…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣の胸が辱められた!?「コード・ブルー」山下智久の問題シーン!
2
中居正広「ジャニーズ残留で幹部候補に浮上」で木村拓哉の不満が爆発寸前!
3
祭りを楽しむほしのあき&三浦皇成夫婦に「親子にしか見えない」総ツッコミ!
4
追悼・小林麻央 ブログに綴らなかった最期の自宅療養25日間(1)一時危篤で自宅療養を決意
5
あの球界エースまで!? 乃木坂46白石麻衣を好きなアスリートが続々発覚!