芸能

波瑠「過密撮影でフラフラ」現場が小池栄子の登場で一変の理由!

20160331k-2

 主演のNHK朝ドラで高視聴率連発の波瑠(24)が、4月から民放の新ドラマに出演。休みもなく「フラフラ状態」で合流した撮影現場では、共演の小池栄子(35)が「秘書」ボディでスタッフの視線を釘付けしていた!

 現在、放送中のNHK朝ドラ「あさが来た」で、ヒロインを務めてから人気急上昇中の波瑠。昨年12月4日には番組最高の視聴率27.2%を叩き出すなど、最終回に向かって好調をキープしている。

「2月下旬に全部撮り終える予定でしたが、視聴者からの評判がよく、脚本を書き足していたら撮影期間が延びてしまったんです。ようやく3月5日にクランクアップを迎えられて、ホッとしています」(NHK関係者)

 約10カ月に及んだ収録が終わったのもつかの間、4月13日スタートのドラマ「世界一難しい恋」(日本テレビ系)でもヒロインに抜擢されていた。

 物語は、嵐の大野智(35)が扮するホテルの若社長・鮫島零治が、中途入社社員の柴山美咲(波瑠)に一目ボレをしてしまう。空気が読めない社員で知られる美咲を振り向かせるため、恋愛にオクテの零治があの手この手で奮闘するラブコメディが展開されていく。

 朝ドラの収録が予定より遅れたことで、新ドラマの現場にも影響が出ているようだ。日テレのドラマ関係者が明かす。

「波瑠さんの合流が遅れることになり、予定を変更して他の出演者のシーンを先に撮ることになったんです。ヒロインを待ちわびて共演者は、『波瑠(春)よ来い♪ 早く来い♪』と替え歌を口ずさんでいました」

 ようやく波瑠が撮影に顔を出すことができたのは、3月中旬になってから。その時の様子を前出のドラマ関係者が振り返る。

「朝ドラの過密撮影から休む暇もなかったようで、フラフラな様子でした。それでも衣装に着替えると『(朝ドラでは)ずっと着物だったので、久しぶりにスーツで動きやすいです』と茶目っ気たっぷりに言って、笑いを取っていましたね」

 さっそく、共演者の清水富美加(21)が「あさが来た」のファンのようで、

「最終回はどうなるんですか?」

 などと波瑠に質問すると、

「あんまり言えないんだけどね‥‥」

 とちょっとだけ内容を教える姿も見られたそうだ。

 そんな中、ヒロインが登場するまで現場で男性陣の視線を釘付けにしていたのは、元グラドルで女優として活躍する小池だった。

「ドラマでは、大野さんの秘書役でタイトなスカートをはいています。歩くたびにブルルンとヒップが揺れ、ムチムチの太腿は頬ずりしたくなる妄想に駆られるほど。男性スタッフはついつい目で追いかけてしまい、大盛り上がりです」(前出・ドラマ関係者)

 小池の「秘書ボディ」に対抗するため、“びっくりぽん”な波瑠のラブシーンでもあれば形勢逆転となりそうだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    2017アサ芸プラス人気記事ベスト5⇒1「マッチ『愚か』な発言」に圧勝の後輩

    95590

    徳間書店が運営するニュースサイト「アサ芸プラス」。先の人気記事第10位⇒第6位に引き続き、2017年の人気記事トップ5を公開します!5位:近藤真彦、国分太一にまくし立てた「パワハラ結婚論」に大ブーメラン!国分太一がMCを務める情報番組「ビビ…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ秋元優里“竹林不貞”の裏で夫・生田竜聖アナの体に「大異変」!
2
人気モデル・宮本彩菜、人気ラッパーとの超過激「ベッド動画」漏洩の大波紋!
3
逆にグッジョブ! 乃木坂46生田絵梨花「格付けチェック」誤答連発に絶賛の声
4
キムタク赤っ恥!断トツ爆死「さんタク」が明石家さんまの黒歴史になる!
5
ここでエキサイト? フジ秋元優里、“不貞愛”舞台の竹林が「観光名所化」危機