芸能

仲間由紀恵、舞台「放浪記」が不評で“5代目相棒”に決定!?

20160404nakama

 反町隆史が“4代目相棒”を演じた人気ドラマ「相棒season14」も3月で終了。次期シーズンに向けて、早くも“次の相棒”に注目が集まっている。

「反町は今回で卒業です。平均視聴率14.9%と、数字も決して悪くなかったのですが、1シーズン限定という条件付きで引き受けていたので仕方がありません」(番組関係者)

 では、10月から始まる「相棒season15」で、“5代目相棒”を務めるのは一体誰なのか。

「その大本命が、今や国民的女優と言われている仲間由紀恵です。仲間は『相棒season13』でも子持ちの警視庁広報課長としてゲスト出演して好評でした。『相棒』は女性ファンも意外と多く、同性から支持されている仲間が適役だと見られています。“5代目相棒”はほぼ決まりではないでしょうか」(女性誌記者)

 仲間には“4代目相棒”の時にも候補に名前が挙がっていたが、舞台「放浪記」とスケジュールが重なるため断念したと言われている。

「森光子のライフワークともいえる舞台『放浪記』への出演は失敗でしたね。それなりにしっかり演じていたと思いますが、お世辞にも当たり役とは言えません。実在した林芙美子は決して美人ではありませんし、森光子もしかり。だから劇中で『ブス』と罵声を浴びせられてもサマになる。ところが美形で売ってきた仲間が『ブス』と罵られ、『これまで一度だって優しい言葉を掛けられたことがない』と言っても、違和感があり過ぎます。脚本を変えない限りロングランは難しいでしょうね」(舞台関係者)

 しばらくは「放浪記」の再演はなさそうなだけに、“5代目相棒”就任に支障はなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    溶解~抗菌~浸透~鎮痒のプロセスで白癬菌を退治!「水虫」の正しい治し方

    Sponsored
    86516

    「あれっ、なんだか足がかゆい」こんな症状に覚えはありませんか? 我慢できないほどのかゆみがなくても、もしかしてそれは「水虫」かもしれません。水虫は、白癬(はくせん)菌という真菌(カビ菌)が、皮膚、角質、爪などのケラチンを栄養源に繁殖して起こ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    実写映画化で話題沸騰! 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部~PART4 ダイヤモンドは砕けない~』のコミック版が無料試し読みに登場

    Sponsored
    85664

    最近は、新聞も雑誌もコミックもスマホで!なんて話をよく聞きます。デジタルをスマートに使いこなすサマは、かっこいい「大人」って感じですよね。でも、紙の雑誌で育った世代にとっては、まだ未体験という人も多いのでは。そんな人にオススメしたいのが、電…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の怒りに触れた説も…「しくじり先生」打ち切り宣告のシリアス現場!
2
乃木坂46白石麻衣、仲良しプリクラ写真が逆説的に物語る「異次元の可愛さ」!
3
上原多香子 夫の自殺に親友が姿を見せない本当の理由
4
座ったまま合体!有村架純、松本潤との超過激ベッドシーンに映画関係者も大興奮
5
「24時間テレビ」で富士登山にチャレンジした麻痺少年の“虐待デマ映像”が拡散