スポーツ

落合博満が「裏金・ダメ選手&首脳陣」をぶっちゃけた!(3)MVP選手に猛烈ダメ出し

 プレゼント用のサインバットを手にした落合氏は、

「野球少年も来てくれたみたいだから、ふだんオレは子供には教えないんだけど今日は特別にバッティングのコツを教えてやるよ」

 と言うや、着ていたジャケットを脱ぎ、打撃解説を始めたのだが──。

「ある時期から日本の指導者はヒッチ(バットをユラユラと上下動させる)やコック(バットのヘッドが背中に入ること)をしてはいけないと教えるようになったのが、そもそもの間違い。それだと体はスムーズに動かないし、スイングにスピードは出ない。悪い例が、元中日の和田一浩ですよ。上半身と下半身の動きがそろう、武士のようなぎこちない打撃フォームだった。あれはダメ。3年間アドバイスしたけど、結局、習得できなかった」

 球団関係者はこれに苦笑いする。

「和田は落合政権中にシーズンMVPも獲ったし、優勝にはずいぶん貢献していますよ。それなのにコキ下ろすとはね。15年オフ、当時の谷繁監督はGMの落合氏に『和田はまだ使えるから残してほしい。森野(将彦)よりも使える』と要望したのに、落合氏はそれを無視して森野を残し、和田を切った。しかも谷繁には何の相談もなく和田を呼んで『もう契約しないから』と通告したんです。谷繁はあとでそれを知り、驚くと同時に『ひと言、相談があってもいいだろ』と不満をブチまけていましたね」

 通算2050安打を記録して名球会にも入ったかつての教え子に対し、いとも簡単にダメ出しした落合氏だけに、現有戦力についても手厳しかった。

「今の選手は頭を使わなくなったし、練習もしなくなりました。言われたことを全部鵜呑みにするからダメなんです」

 さて、落合氏は今後、球界にどう関わっていくのか。

「いや、球界の仕事をすることはほとんどないでしょうね。監督としての経歴に、GMの大失敗でミソをつけた。とにかく、イメージが悪すぎます。だからマスコミもなかなか使おうとしません」(スポーツ紙デスク)

 およそ90分にわたってオレ流トークを続けた落合氏は思い出したように、こんなことを口にした。

「そういえば息子が最近、オレのことを『ジイさん』と呼ぶんだよ。『オレはお前の親父だろう』と言ったら、『孫から見た序列で呼んでいる』と言われたよ。今がいちばん落ち着いた、平和な時間を過ごしている」

 平和な生活の合間を縫って、時々こうしてぶっちゃけ話で球界に“貢献”してくれればいいのだが。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
2
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情
3
戸田恵梨香、伝説の「黒歴史ダンス」が土屋太鳳に蒸し返された!
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!