政治

安倍首相を悩ます昭恵夫人「核兵器解体」詐欺師との“ただならぬ関係”!(3)「人権侵害だ!」と恫喝した

 ところで、マット氏の素性がわかってくると、よく知りもしない相手を信頼した昭恵氏の軽率さが浮き彫りとなってくる。

「マットと吉松が交際したきっかけは、マットからの誘いです。六本木にある芸能人御用達の複合書店で声をかけたといいます。いつもの手口で、実は川田アナもここで声をかけたのが始まりだったそうです。吉松を誘った時期は、川田アナが亡くなられて少ししかたっていなかったと‥‥」(芸能プロ幹部)

 その当時はまだ無名のモデルだった吉松だが、12年10月に日本人初の「ミス・インターナショナル」を受賞して時の人となる。

 しかし、まさに吉松の一世一代の晴れ舞台となった同コンテストの開催地・沖縄から、なんとマット氏を非難する声が聞こえてきた。

「マット氏は勝手に同行してきたと思いきや、『盲目だ』と主張して、航空機やホテル代金の割引はもちろん、さらなるサービスまで要求していました。おまけに、原状回復できないほど部屋を汚していたんです。激怒したホテル側が修繕費を請求したのですが、逆に『人権侵害だ!』と恫喝していました。吉松は我関せずといった顔でしたね」(イベント関係者)

 いや、本当に盲目なのはマット氏を信じ込む昭恵夫人の“激情”だろう。

「12年6月には、ロンドンブーツ1号2号の田村淳がMCを務め、著名な文化人がゲストとして訪れるラジオ番組に、突如としてマット氏が出演して映画の宣伝をしていきました。実は昭恵夫人の口添えによるキャスティングだったんです」(ラジオ関係者)

 マット氏の悪評だけは耳を素通りするかのように、昭恵夫人は以降も活動を活性化させていった。

 前述したA氏を糾弾する記者会見後には、吉松が立ち上げたプロジェクト「STALKER ZERO~被害者が守られる社会へ~」にも賛同者として名を連ねている。

 おまけに15年11月に刊行した著書「『私』を生きる」(海竜社)においては、安倍総理が〈「大丈夫だよ、俺が守る」と言ってくれました〉と、吉松の一件に国の支援まで取り付けたかのような記述も見られるのだ。

 ところが、16年2月に一転。吉松がこれまでの被害や発言を撤回し、謝罪する形でA氏と和解したのである。

「16年3月には、第三者を介して昭恵さんはA氏と会ったそうですが、その場で『すいません、よかれと思ったんです』と平謝りするばかりだったといいます」(前出・芸能プロ幹部)

 ようやく自身のあさはかさに気づいたか、次なるバクダンの爆発を恐れるように、マット氏との関係も深かった「長州友の会」はホームページへのアクセスを遮断している(3月31日時点)。

「マットも籠池と似たような虚言癖の人間ですよ。総理夫人という立場をあらためて自覚し、周囲の人間を疑うことを覚えなければ、また同じことが起きるでしょう」(地元有力者)

 これらの疑惑について昭恵夫人の携帯に取材を申し込んだが「のちほど折り返します」という留守電メッセージが流れるばかり。メッセージを残すものの返答は寄せられなかった。

 さすがに全てを夫人付き政府職員のせいにはできない。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    あなたも結婚できる!“人の手”にこだわった紹介サービスって?

    Sponsored
    52075

    話題の“こじらせ男子”というワケではない。40歳を過ぎてからというもの、職場でもそれなりの責任を任される立場にもなったし、性格だって明朗快活。それなのにナゼ、自分はこれまで結婚に縁がなかったんだろうか?旧友の「結婚しました!」という連絡を聞…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    白髪は年齢のせいじゃない?!40代でも間に合う黒々対策

    Sponsored
    70992

    30代後半からチラホラ出てくる白髪。恐ろしいことに、白髪が1本見えるだけで見た目の印象は10歳も老けて見られてしまうのをご存じですか? つまり、若返りのポイントは髪の毛にあり!肌を一生懸命お手入れしても、きちんとメイクしても、髪が美しくなけ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出張についてのアンケート

    Sponsored
    81003

    いつもアサ芸プラスをご愛読いただきありがとうございます。アサ芸プラスでは、今後出張に関する情報を提供させていただくにあたり、ユーザーの方の興味関心をアンケートでとらせていただいております。簡単な内容ですのでご協力よろしくお願いします。ご協力…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
野際陽子逝去に際しての長嶋一茂のコメントに「女優業差別」との指摘!
2
やはり、あの男が原因? とんねるず「男気ジャンケン」が強制リニューアル
3
春ドラマ「視聴率女王」に天海祐希が輝いた「スキャンダラスな理由」!
4
元SMAP香取慎吾「メンバーをドラゴンボールキャラに例えた」のが的確すぎ!
5
もはやヤケクソ?浜崎あゆみ、真の姿写すライブ写真投稿を呼びかける「勝算」