政治

都議選に黄色信号?小池百合子を追い込む10の弱点(3)自民党が“除名”処分を下す

 一方、6月1日に小池氏が離党届を提出した自民党も、表面上は静観の構えだが、このまま黙っているわけではない。

「現在まで離党届については執行部は保留の姿勢ですが、都議選中に自民党との対決ムードに利用されるのを防ぐため、何事もなかったように受け流すようです。都議選が終わったら除名処分を下すでしょう」(自民党関係者)

 それだけではない。【6】自民党と都連は「小池潰し」のため、協力態勢を敷いており、「小池包囲網」が本格化するという。

「全国の国会議員の各秘書を東京に呼び寄せ、担当を割りふってサポートさせる。安倍晋三総理(62)も1人区を中心に応援演説に駆けつける予定です」(自民党関係者)

 しかも、自民党内で反小池の急先鋒となっているのが、菅義偉官房長官(68)というのだから始末に悪い。

「何とかファーストという新しい政党は、何をすべきか明確になっていない」

 5月に自民党本部で開かれた都議選の総決起大会で、菅氏が露骨に“口撃”するほどだったのだ。小池氏の都知事就任直後の融和路線から一転、対決姿勢を鮮明にした理由を前出・自民党関係者はこう話す。

「春先に党が独自調査した結果、接戦もしくは議席を取れるというデータが出ました。そこで官邸サイドからは、【7】小池氏の『抹殺指令』も出ています。もともと菅さんが小池嫌いで知られ、徹底的に潰す構えです」

 小池氏の高い支持率を崩すため、菅氏は「決められない知事」のネガティブイメージ作戦を発案したという。豊洲移転を先送りする小池氏を自民党都議らが繰り返し批判。東京五輪の開催経費問題では、小池氏が設置した都政改革本部が「立候補ファイル」の原則を覆して都外自治体に負担を求めると、菅氏がさっそく動いた。

「5月9日、神奈川、千葉、埼玉の知事が安倍総理に直談判しました。この時、『総理に会いませんか?』と声をかけたのが菅さんでした」(前出・自民党関係者)

 知事たちが安倍総理のもとに駆け込んだことで、ますます「決められない」印象操作に成功しているというのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「蜂に刺されたら尿をかける」は大間違い!実はキケンな「応急処置」

    88462

    この夏も各地キャンプ場で「蜂に刺された」という被害が報告された。「スズメバチはもともと攻撃性の高い蜂なのですが、夏~秋にかけて攻撃性がさらに高まります。家の軒先や樹木などにも大きな巣を作りますので、レジャーの時だけでなく、この時期は日常的に…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・櫻井翔に真っ向勝負!?関ジャニ∞は「苦学生時代」をアピール!
2
有名人家族「骨肉の修羅」全真相(2)安室奈美恵 「親族が実母を惨殺」事件のトラウマ現場
3
石原さとみ危うし?Fカップ「全見せ」解禁で今野杏南が女優として猛追!
4
中村昌也、稲本潤一&田中美保の結婚式出席拒否の「裏事情」暴露で非難殺到
5
フジ「めちゃイケ」、超低迷でも局員が「打ち切りは絶対ない」と言い切る理由