政治

都議選に黄色信号?小池百合子を追い込む10の弱点(3)自民党が“除名”処分を下す

 一方、6月1日に小池氏が離党届を提出した自民党も、表面上は静観の構えだが、このまま黙っているわけではない。

「現在まで離党届については執行部は保留の姿勢ですが、都議選中に自民党との対決ムードに利用されるのを防ぐため、何事もなかったように受け流すようです。都議選が終わったら除名処分を下すでしょう」(自民党関係者)

 それだけではない。【6】自民党と都連は「小池潰し」のため、協力態勢を敷いており、「小池包囲網」が本格化するという。

「全国の国会議員の各秘書を東京に呼び寄せ、担当を割りふってサポートさせる。安倍晋三総理(62)も1人区を中心に応援演説に駆けつける予定です」(自民党関係者)

 しかも、自民党内で反小池の急先鋒となっているのが、菅義偉官房長官(68)というのだから始末に悪い。

「何とかファーストという新しい政党は、何をすべきか明確になっていない」

 5月に自民党本部で開かれた都議選の総決起大会で、菅氏が露骨に“口撃”するほどだったのだ。小池氏の都知事就任直後の融和路線から一転、対決姿勢を鮮明にした理由を前出・自民党関係者はこう話す。

「春先に党が独自調査した結果、接戦もしくは議席を取れるというデータが出ました。そこで官邸サイドからは、【7】小池氏の『抹殺指令』も出ています。もともと菅さんが小池嫌いで知られ、徹底的に潰す構えです」

 小池氏の高い支持率を崩すため、菅氏は「決められない知事」のネガティブイメージ作戦を発案したという。豊洲移転を先送りする小池氏を自民党都議らが繰り返し批判。東京五輪の開催経費問題では、小池氏が設置した都政改革本部が「立候補ファイル」の原則を覆して都外自治体に負担を求めると、菅氏がさっそく動いた。

「5月9日、神奈川、千葉、埼玉の知事が安倍総理に直談判しました。この時、『総理に会いませんか?』と声をかけたのが菅さんでした」(前出・自民党関係者)

 知事たちが安倍総理のもとに駆け込んだことで、ますます「決められない」印象操作に成功しているというのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Hey!Say!JUMP「紅白」初出場決定にファンが喜べぬ理由は有村架純!
2
「薬物で3度逮捕」三田佳子次男が今度は「不貞暴行」だって
3
本田翼、イケメンデザイナーとの「密着写真」公開にファンが大ダメージ!
4
佐藤健も大迷惑!?「るろうに剣心」作者が女児“法律違反動画”逮捕の波紋
5
とんねるず「みなおか終了」でCS放送に「都落ち」説が急浮上するワケ