芸能

つゆだく「2017年上半期“艶”大賞」発表!<サプライズ篇>筧美和子はサプライズの宝庫

 予期せぬ驚きの場面を目にしてしまった。思いがけない衝撃の発言を耳にしてしまった‥‥。そんな「サプライズ」の瞬間こそ、男は反応してしまう生き物なのだ。

 3月23日にオンエアされた「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)のスペシャル企画でのこと。有名人が水に落とされる恒例企画に登場したのは、B89・W60・H85と抜群のプロポーションを誇る筧美和子(23)だ。

「ウエディングドレスを着たまま海に落とされ、上がってくる時にドレスの胸元が大きくズレてしまった。全乳の80%くらいが見えている感じで、あと2センチズレたら、確実に乳輪が見えていましたね」(織田氏)

 筧は前年にも同番組に出演した際、黒い全身タイツで爆乳が目立ちすぎ、並んだ鈴木紗理奈からひたすら揉まれまくるという「オイシイ場面」のハプニングも。

「彼女はいつ見ても根性が据わっていて、脱ぎっぷりにためらいがない。今後も、ついチャンネルを合わせてしまいそうです」(ユリオカ氏)

 AKB48を春に卒業した小嶋陽菜(29)は、インスタグラムやツイッターのフォロワーが群を抜いて多い「SNSの女王」である。卒業後も「谷間ばっちりの水着姿」を見せてくれるなど、フォロワーは大喜びだが、このツイッターの投稿には騒然となった。

〈付け乳首、ドンキに売ってないのね。店員さんに聞いたら、インカムで店内全体に、付け乳首はないのか聞いてくれたんだけど、ないみたい〉

 ドン・キホーテに「付け乳首」があるかどうかより、こじはるがいつ使うのかのほうが大騒動。どうやら真相は、こじはるとも仲のいいおぎやはぎが「アメリカで流行しているニセ乳首を、日本のファッションアイコンである小嶋がつけたらはやる」と提案したことに乗ったものらしい。さて、実現までカウントダウンか?

 ベテラン女優の高橋ひとみ(55)は、2月26日の「ウチくる!?」(フジ系)で、まさかと思うような発言をした。13年に結婚した高橋だが、その新婚生活についてのこと。

〈向こうが50になったばかりで、私が52。50代同士でもすごいですよ、新婚だから。マンションの下の階の人からクレームが来た〉

 あっけらかんと語るものの、地上波の、しかも昼間の時間帯に、ここまで生々しいセックス告白は希少種であろう。

 同じく大胆な“性癖”を明かしたのは、何かとお騒がせの華原朋美(42)だ。週刊アサヒ芸能でもおなじみの高橋しょう子を前に言った。

〈酔っ払うと、コンビニに行ってAVが付いてる雑誌を買うのが癖になっちゃってて。毎回それ買って、朝起きると『あ、また買っちゃった』って‥‥〉

 いったい、AVを何に使っているのでしょうか。ちなみに華原は、たかしょーに対し「SMがいいな」と、AVのおねだりまでしている。

 最後は、引退を表明した浅田真央の姉・浅田舞(28)だ。グラマラスな肢体は写真集やグラビアでもおなじみだが、8月24日から始まる舞台「煉獄に笑う」の発表会見では、まさかの下チチ!

「初のセリフありの舞台で、今からドキドキです」

 いやいや、Eカップを露骨に見せつけられたら、こっちがドキドキです!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」
2
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由
3
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(2)「得体が知れない」との声も
4
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”
5
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?