スポーツ

プロ野球2017「ワーストナイン」表彰式<これが「絶望ナインだ」>(1)筆頭は巨人・山口俊

 今年のプロ野球界で推定年俸が1億円の大台を突破しているのは、助っ人選手も合わせてきっかり100人。はたしてその何割が、大金に見合う活躍を見せただろうか? ファンも球団もガックリと肩を落とした「絶望ナイン」を勝手に表彰しよう。

 セ・リーグは06年以来11年ぶりのBクラス陥落となった巨人から、6人もの大量選出となった。

 中でも“給料泥棒”の筆頭は、FA移籍1年目の山口俊(30)で異論はないだろう。7月11日深夜に泥酔して都内病院で警備員を負傷させて書類送検、球団から全試合の出場停止と罰金・減俸処分を受けている。

 野球評論家の内藤尚行氏も球界OBとして憤りを隠さない。

「あまりの責任感のなさにがっかりしました。プロどうこうではなく、一社会人としてのマナーくらいは守れよ、と。普通はクビ。来年プレーできるのが不思議なくらいですよ」

 罰金と減俸額を合わせて1億円を超えるペナルティが科されたが、

「罰金とかじゃないでしょ、『年俸全額返せよ!』と言いたいですよ、本当に。『球団はよく残してくれたな』と感謝して投げるくらいの気持ちを持てないものかと思います」(前出・内藤氏)

 事件前にはわずか1勝しかあげられなかった山口。2億5000万円といわれる年俸は「ボッタクリ価格」と揶揄されても当然だ。

 リリーフ部門では、中継ぎ投手としてはセ界最高年俸の山口鉄也(33)が、登板18試合、ホールド数3の低調で選出され、不名誉な“W山口”での受賞となった。

「彼の場合は、今まで積み重ねた分の高年俸ですが、この成績ではワーストナインに選ばれるのもしかたがない。今季は“勤続疲労の年”と割り切って、来季に期待したい」(前出・内藤氏)

 内野陣は巨人と、圧倒的最下位のヤクルトから仲よく2人ずつノミネート。特に、2年連続トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)で3億円超えを果たした山田哲人(25)は成績がガタ落ち。ヒット1本269万円という「金食い虫」に化けて球団史上最多96敗の戦犯となった。チームのOBである野球解説者の広澤克実氏が、後輩の窮状を解説する。

「去年までの山田は、内角のストレートをいちばんいいタイミングでカキーンとはね返しながら、アウトコースの変化球にも対応し、ライト方向へ強い打球を打てていた。でも今年は、外の球を打つ時に肩が開くようになり、それを我慢するから逆にインコース打ちで肩が詰まる。そういう悪循環に陥り、最後まで修正できなかった」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年“メタボ”おやじからカッコイイ上司へ変わる食習慣とは?「酵素」の消化活性力に注目!

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
乃木坂46西野七瀬「恋愛ドラマ」の共演俳優に乃木坂ファンが一斉警告したワケ
2
「先輩」田中みな実も仰天!?青学準ミスに“自作自演”疑惑浮上で非難の嵐
3
藤原紀香、ミス・インターナショナル大会で各国代表を総「公開処刑」した!
4
梅宮アンナ「子供がしまむら服ならイジメに遭う」発言に批判殺到
5
くわばたりえ「スタバ店員は自意識過剰」発言に批判殺到!黒歴史も掘り返される!?