スポーツ

山中慎介、キャスター転身に向けた「決断」が絶賛される理由

 センスがあるかは何とも言えないが、「第2の人生」への決断を世間は全面支持しているようだ。

 元WBC世界バンタム級王者であるプロボクサー・山中慎介が都内で引退会見を行ったのは3月26日。日本歴代2位の12回という世界戦防衛を達成するという、ボクシング界に偉大なる功績を残した山中だが、第2の人生についてスポーツ紙のインタビューで明かし、注目を集めている。

 山中が引退後に目指すのはスポーツキャスターや解説者というある意味、王道な道。ただ一つその道を歩んだアスリートたちと異なるのは、いきなりスポーツキャスターになるのではなく、まずアナウンサー予備校に入校してアナウンス技術を学ぶということだ。

「山中は自分の現役時代の試合を中継し続けてきた日本テレビのアナウンススクールに入校するということですが、このスクールは現役やOB&OGのアナウンサーが厳しい指導をすることで知られています。あまり滑舌がいいほうにも思えませんから、山中はそういったことも自覚したうえで入校を決断したのでしょうが、相当しごかれることでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 それでも、世間の声を見てみると「全力で応援します」「自身の人気に頼らず、一から勉強するその姿勢、尊敬します」「他のポッと出の元アスリートのスポーツキャスターも見習ってほしいな」「きっと笑顔が素敵ないいスポーツキャスターになりそう」といった、山中のスポーツキャスター転身に好意的な声ばかりが目立っている。

「山中の知名度を考えれば、そのまますんなりキャスターになることはたやすいはず。ですが、中途半端なスキルでキャスターをやることは許せないとばかりに一からアナウンススクールに通うと決断したその男らしさに世間は魅力を感じたようです。最近はアスリートに頼らず、芸人やタレントなども情報番組の司会を務めることが増えてきていましたから、その中でこの選択は結果がどうあれ、世間の人たちは応援したくなりますよね」(前出・エンタメ誌ライター)

 仮に多少滑舌が悪くても山中の屈託のない笑顔があれば、ファンのみならず多くの人々に好かれることも間違いないだろう。

(田村元希)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”