芸能

吉岡里帆、「写真集に全力投球」宣言は、過去の痛恨発言を抹消するため?

 女優の吉岡里帆が4月19日、自身のインスタグラムで「写真集への意気込み」を明らかにした。それによると撮影は9日間にわたって海外で行われ、今までで一番長い距離を移動するという。空港で撮影した自身の写真を公開し、「大好きな人達とだけの旅。毎日違う町に出向いて、面白いこと探してきます」と意気込みを語った。

「同時に写真集の公式インスタグラムを紹介しています。まさしく撮影に向けて全力投球といったところでしょうか。彼女のインスタはどちらかというとポジティブな発言が多いのは確かですが、これはあまりにやる気満々で少し違和感を覚えますね」(週刊誌記者)

 吉岡は昨年、ウェブ媒体の対談で「(グラビアを)やりたくないというのは私の偽れない本当の気持ち」「人は脱いだ人を『脱いでる人が芝居している』って見る」と、グラビアや写真集を否定するような発言をして、世間を騒がせた。

 炎上に焦ったのか、今年1月の「文春オンライン」のインタビューで発言を否定。グラビアに感謝しており「やりがいを感じる」と語った。

「必死になってグラビア否定発言を打ち消しにかかった感がありました。それにもかかわらず、なかったことにすることはできなかった。そこで今回、ポジティブな発言をすることで発言をもみ消すつもりなのかもしれません」(芸能記者)

 ファッション誌やファッションブランドのPR動画では大胆な姿を披露している吉岡里帆。写真集でも同様のショットを見せてくれれば、きっと過去の発言はなかったことにできるはずだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】