芸能

吉岡里帆、大胆写真集で原点回帰?“バスト見せ”覚悟の「心境変化」

 女優・吉岡里帆のセカンド写真集「里帆採取 by Asami Kiyokawa」(集英社)が11月5日に発売されることが分かった。吉岡の写真集は2018年7月以来、約2年ぶりとあって、早くもファンの間では期待の声が広がっている。

 今回の写真集では、吉岡の魅力をファッション、本質、舞台、水といった様々な切り口で“採取”するというコンセプトといい、熊谷貫、三瓶康友の両氏がカメラマンを務めている。吉岡もかなりの手応えを感じているようで、「最高のチームで、最高の形で撮影ができて、見応えのある作品になったと思います。清川さんとタッグを組んで、今までに見たことのないような写真が撮れているはず。期待して待っていてください」とコメントを寄せている。

 現在は女優としてその地位を確固たるものにしている吉岡だが、もともとはグラドルとして活躍。かつては極小水着姿を惜しげもなくさらしファンを喜ばせていた。しかし、有名になるにつれグラビアからみるみる遠ざかり、ある時から「実は水着はやりたくなかった」などと後悔するかのような発言をしたことで、応援していたファンから大ブーイングが起きた。ここに来てグラビアに回帰したのはなぜなのか。

「一時はドラマに引っ張りだこでしたが、ここ最近はオファーも激減し、あまり話題に上ることもなくなってしまいました。その一方で、インスタグラムにアップする水着写真は大好評。本人も少しずつ自分の立ち位置を理解してきたようです。吉岡と言えば“あざとさ”がよく指摘されますが、それも女優気取りするから。そんななか、本人はもう一度原点に帰る方向で意欲満々だといいます。写真集が発売になれば、アンチもぐっと減るんじゃないでしょうかね」(グラビア誌ライター)

 関係者の話によれば、11月に発売される写真集にはかなり過激なショットも盛り込まれているという。これを機に、体当たり度の向上に期待したいものだ。(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!