芸能

天才テリー伊藤対談「古坂大魔王」(2)ピコ太郎にかけた初期投資は10万!?

テリー そもそも、ピコ太郎はどうして誕生したの。

古坂 僕はもともと音楽が好きで、底ぬけAIR-LINE時代からテクノユニットとして活動したり、真剣に音楽に取り組んでいたんですよ。子供の頃から大好きな、とんねるずさんも歌を歌っていたし、ドリフターズさんやクレイジーキャッツさんも、もとを正せばバンドじゃないですか。

テリー うん、実は音楽と笑いって近いところにあるんだよね。

古坂 お笑いの仕事がほとんどなくなった時に、全国のライブハウスを自腹で回っていた時期があるんですが、地方なんかへ行くと同じライブの共演者に驚かされることがあるんですね。例えばある演歌歌手の方はパソコンでカラオケを自作していて、ド演歌なのに曲のバックでピュンピュン電子音が鳴っていたりして。

テリー ハハハ、見た目と音のギャップがすごいね。

古坂 まさにそういう人を見て、おもしろいなと感じたことが一つのきっかけになったんだと思います。

テリー そこからピコ太郎を「見つけた」んだ。

古坂 そういうことです。コワモテの姿で出てきた男が、かわいい歌を歌う、というギャップが笑えると思ったんです。なので、始めた時の衣装は犬の絵の入ったジャージで、もっと露骨にヤクザっぽかったんですよ。ところが、ある関係者の方から「さすがに、あの格好じゃあテレビに出られないぞ」と諭されまして。

テリー ハハハ、そこまでガチな感じだったんだ。

古坂 そこでAmazonで見つけたのが、あの衣装なんです。

テリー え、あの派手な服はネット通販なんだ。

古坂 はい。上下で1万8000円、マフラーはやはりZARAで5000円で購入しました。ビデオは20曲撮って4万円、その他もろもろ、合計10万円ぐらいでピコ太郎の服装はできたんです。

テリー ビデオまで自前で用意したんだね。周りの反応はどうだったの。

古坂 テレビ局や(所属事務所の)エイベックスも含めてたくさんのレコード会社にプレゼンしたんですよ。でも「曲は全部1分で終わります。アルバムに60曲も入っているなんて、おもしろくないですか」なんていきなり言われても、そりゃ通らないですよね。

テリー 俺も「帰れ」って言うと思うよ(笑)。よくあきらめなかったね。

古坂 なぜか僕の頭の中には、「ピコ太郎は2016年にブレイクさせなくちゃ」という意識がずっとあったんですよ。自分がもともとリズムネタ好きというのもあるんですが、藤崎マーケットの「ラララライ体操」、8.6秒バズーカーの「ラッスンゴレライ」といったリズムネタのヒットが脈々とつながっていましたし、それがこの年にまたポンとハジけそうな予感がしたんですね。

テリー うーん、野生の勘みたいなものなんだ。

古坂 実は、その前にピコ太郎が出ている動画が何本かアップされていたんですが、「R-1ぐらんぷり」にピコ太郎を出すことを決めたタイミングで動画を全部消して、新たにビデオを作ったんです。

テリー それはすごい戦略だ。つまり、リセットして再デビューさせたわけだ。

古坂 そうです。テレビの仕事が全然なかった時もインターネットの生放送の仕事はほぼ毎日あったので、そこから出て行こう、と。当時インターネットでのネタ出しなんて、ハッキリ言えば新人か完全に落ち目の人がやる仕事でした。だけど「ここでトップになってやろうよ」と、当時マネージャーと語り合っていたんですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然