芸能

「かまいたち濱家が“いすのうえ隆”に?」で思い出される千鳥ノブの「改名過去」!

 キングオブコント2017で優勝した実力派お笑いコンビ「かまいたち」の“デカいほう”として知られる濱家隆一が、改名の危機に瀕しているようだ。4月23日放送の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)では“東京で苦しむ芸人”と題して、濱家とダイアン・津田篤宏をフィーチャー。若手芸人たちのあこがれの存在となっていない現状を浮き彫りにした。

 番組では険しい顔で反論する濱家に対して共演芸人たちから「怒ってる?」との声が続出。濱家は“悩んでいる顔”だと主張するも、188センチの長身ゆえに圧が強いと指摘されていた。そこで濱家は椅子に深く腰掛け、両手をイスの後ろに回すことで威圧感を抑えたのだが、この姿勢がアダとなったのである。

「その姿勢がまるでイスのように見えたことから、藤本敏史らが『イスの上のイス』とイジったのです。その後、番組では濱家に改名を提案する流れとなり、おぎやはぎの矢作兼が『いすのうえ隆がいい!』と言い出すと、周りも大賛成することに。しかも“隆”は本名の隆一からではなく、大きな体が隆起しているように見えるからという理由なのだとか。しまいにはコンビ名まで“イスXILE”とイジられ、濱家は『かまいたちの濱家やったのに、東京に来たら1文字もなくなった…』と泣き顔を見せていました」(お笑い系のライター)

 そんな爆笑モノの改名案で思い出されるのは、今や人気絶頂のお笑いコンビ・千鳥のノブの「あまり知られていない過去」だ。お笑い系のライターが続ける。

「ノブも濱家と同様に、上京直後は人気が上がりませんでした。しかも相方の大悟が俳優としても活動していた頃から知名度格差が大きく、ビーチバレー選手の浅尾美和が名前を思い出せずに『小池さん?』と答えた場面もあったほど。それがきっかけとなり、13年11月放送の『ロンドンハーツ』にて東京での成功を願って“ノブ小池”に改名していたのです。翌年はこの芸名を使い続け、15年から元のノブに戻していますが、いまや人気絶頂のノブがたった5年ほど前には名前さえ知られていなかったことに、驚く人も少なくないことでしょう」

 はたして濱家は改名に踏み切るのか。しばらく注目が集まることになりそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!