スポーツ

「ダメダメだった」藤浪がすがる“物理オタク投手”のビックリ練習法!

 今季ゼロ勝、傷心の阪神・藤浪晋太郎が科学的トレーニングに「最後の望み」を賭けた。

 秋季キャンプでは山本昌臨時コーチの助言と指導によって「復活」の手応えも掴んだように見えたが、その成果は表れなかった。復活のお披露目となるはずだった紅白戦で、2回3安打2四球3失点…。暴投まで記録してしまい、翌日は投手コーチ総出でブルペン投球を指導していた。

「矢野燿大監督も『方向性は間違っていない』とかばってはいましたが…」(在阪記者)

 そんな負のスパイラルから抜け出せない藤浪がすがったのが、科学的トレーニングだ。

「今季途中、インディアンズからレッズに移籍し、トータルで11勝を挙げたトレバー・バウアーが心酔していることでも有名です。米・シアトルに本部を構えるトレーニングジムなんですが、千葉ロッテも今オフ、コーチと若手投手を現地に派遣しています」(前出・在阪記者)

 藤浪はその「ドライブラインベースボール」なるトレーニング組織に連絡を取り、沖縄での集中レッスンに参加することになった。

 どんなトレーニングをプロのピッチャーたちに指導しているのかというと、通常よりも重いボールを投げさせている。そして全身にセンサーを装着して動作解析も行い、各自の体に適した投球フォームを勧めているそうだ。

 その効果は2018年にバウアーが急成長したことでも立証済み。しかし、

「バウアーは“物理オタク”で、周りの空気が読めないところもあります。インディアンズは選手の自由、独自の調整法を認める寛大なチーム。他球団だったら、バウアーの調整は許されなかったでしょう」(米国人ライター)

 と、批判的な指摘もあった。もっとも、千葉ロッテも現地にコーチを派遣したくらいだから、興味深い指導がされているのは間違いないはずだ。

 また、藤浪も理論派だ。練習量を多くして自分を追い込んでいくのではなく、体を動かす前に「この練習の意義は?」と考えるタイプだ。物理オタクのバウアー同様、データで解説する指導が合っているのかもしれない。ただ、専門家の見方は厳しい。

「いや、自分が積み重ねてきたもの、今、取り組んでいる練習に自信が持てないから、新しいことをやりたがるんです。復活したいという気持ちはわかります。でも、来年はプロ8年目。同級生の大谷翔平、広島・鈴木誠也が一人前になっている中で、新しいことばかりに目を奪われ、結果がついてこないという繰り返しにならなければいいんですが…」(前出・在阪記者)

 理論派であることと、プロで一人前のオトナになることは違うようだ。来春キャンプで投手コーチが新たな助言をしたら、また迷い始めるのでは?そうなったら矢野監督も藤浪にどんな言葉を掛けてやればいいのか、いよいよ戸惑ってしまうだろう。ここは、一度決めた練習法ならじっくりと取り組み、復活を遂げてほしいものだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
3
平祐奈、ドレスショットで見せた胸の縦スジが「Fカップ渓谷か?」で大注目!
4
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
5
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪