エンタメ

夏八木勲「親友・千葉真一が明かした骨太“名脇役人生”」

 映画、ドラマで名脇役として活躍し、去る5月11日に膵臓ガンのため神奈川県鎌倉市の自宅で死去した俳優の夏八木勲(享年73)。故原田芳雄ら数々のスターを輩出した俳優座「花の15期生」の一人だが、夏八木と「戦国自衛隊」(79年)で共演、50年来のつきあいという千葉真一(74)が、親友との思い出を語った。

 なっちゃんと初めて出会ったのは67年のドラマ「あゝ同期の桜」(NET)です。程なく親しく食事したり酒を飲む仲になりましたが、事あるごとに「映画俳優とは何か」みたいなことを議論するうちに、お互いの生き様に共感するようになったんです。僕が「監督からどんな要求をされても、それに応え、肉体で表現するのが役者だ」って言ったら、「俺もそう思う」と言ってましたね。

 1年にも及んだ「戦国自衛隊」のロケでは御殿場(静岡県)でヘトヘトになり、出演者は皆バスで10キロ離れた宿に帰り、入浴し明日に備える。そんな毎日でしたが、我々2人だけはロケ現場から走って帰るんですよ。彼は足腰が強く過酷なロケも平気だった。実は「戦国──」が縁で僕が主宰するジャパンアクションクラブに入ってきて一緒に汗を流しました。僕のやってるトレーニングをいちいち「これはどうやるんだ」と聞いてきて懸命に鍛えていましたよ。

 本当に「芝居好きの役者バカ」でしたね‥‥。

 映画ジャーナリスト・大高宏雄氏が話す。

「夏八木さんは非常に個性的な顔がよかった。『骨までしゃぶる』でデビューし、映画2作目で主演。その後、実に幅広いジャンルで活躍した。俳優としては大きく3つの節目があり、ギラギラした反骨ムードの役どころが多いデビュー直後、角川春樹氏にかわいがられ、『野性の証明』など角川映画に多数出演した時期、とがったところが取れてきた晩年です。原発に翻弄された被災地を描いた園子温監督の『希望の国』では、市井の酪農家の原発への怒りを無我の境地に入り表現していた」

 僕はね、なっちゃんはガンなんて病気とは無縁だと思ってたんです。僕自身、アクションの仕事が多いこともあって何かあると医者に検査してもらうんですが彼は「俺は医者なんてかからない」と言ってました。

 去年の秋、病院で膵臓ガンが発見されたと言われてますが、どうもその前から体調が思わしくなかったようです。でも、なっちゃんは自分に厳しく人に優しい。ご家族にも病気のことは黙っていたみたいでね。ジョー山中(享年64)がガンで亡くなった時、「抗ガン剤はやめたほうがいい」と免疫療法を勧めたんですが、化学療法を始めていた。なっちゃんにも同じことを言おうとしたらやはり化学療法をやってましてね。

 治療をしながらいろいろ仕事してましたが、すごく苦しそうでね。亡くなる前、「戦国自衛隊3」を一緒にやろうよと言ったら賛同してくれたんですが‥‥。存分に仕事してきたなっちゃん、亡骸には「少し休みなよ」と語りかけてきました。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由